業務用に用いる端末と言えど、全てが全て「スマホ」とは限らない。場合によってはスマホよりも大型のタブレットが業務上「効率的」であるケースも少なくはない。例えば、ファミリーレストランなどで注文を取りに来る。以前であれば専用の端末を用いている事が多かったが、近年では一般のタブレットを用いる事も多い。専用の端末を常に「最新」の状態に保つには専用の装置にセットして情報の更新を手動で行う必要もあり、更新し忘れたりしていると、客の持っているメニューと従業員の持つ端末で差異が生まれる事にもなる。一方で一般的な端末に専用ソフトを入れて擬似的に専用端末として運用する場合は端末にも標準で通信機能が搭載されており、MDM管理下であれば全台一斉に最新の情報に更新する事も可能だ。また専用の端末は比較的高価であったり、故障の際の交換にも時間がかかるが、汎用端末であれば最悪その日の内に「中古」端末を買ってきてソフトさえ入れればスグに使えるというフットワークの軽さが魅力だといえる。小売などで使用する「発注用」のシステムもこのような「端末」+「ソフト」という組み合わせで概ね代用可能となっている。mdmのアプリ配信について

スマホの普及率は近年に入り爆発的に増加している。この件に関しては具体的な数字を出さなくても明白と言えるほどに、電車の中だろうと、カフェだろうと公共のスペースと呼ばれる場所に「人」さえいればスマホを見ない日はないだろう。どちらかと言えば「遊び」の延長としてスマホを用いる人が圧倒的に大多数ではあるが、その多機能さはビジネスシーンでの活躍も期待され、業務用のスマホを活用する企業も増加傾向にある。むしろオフィスにあるパソコンで出来る事なら大半はスマホでも出来てしまう。また取引先に応じた複数の営業資料を大きなカバンで全て持ち歩くような事もなく、上手く活用できれば「働き方を変える」という謳い文句もあながち嘘ではない。一方で魅力的な側面ばかりではなく、リスクも相応に抱えているという事を忘れてはならない。リスク管理としてのmdmサービスも最早必須となった部分だが、導入コスト、維持コスト、そして得られる生産性を秤にかけて考えなければならない。mdm基本情報

mdmにおける端末の一元管理を導入する事で、管理下にある端末を一括して処理、対応する事が可能となる。使用端末が数台であれば直接PCに接続してのデータ更新で事足りるが、数が増える程に相応の手間と時間を要する作業である。数が多ければ多いほど、この一元管理は大きな効果を発揮する。「誰の端末か」ではなく「部所の備品」として、誰がどの端末を持っていっても同じ仕事ができる土台を簡単に構築できる。個人所持の端末に重要なデータが残留しているのはリスク管理の面でも紛失、盗難の際の情報漏洩等のリスクが増大する要因でもある。mdmサービスによっては仮想デスクトップの構築により、端末内にはデータを置かないという処置も可能となる。またブラウザ内のブックマーク等を一括で追加したり、必要なアプリケーションを一括でインストールしたりと、管理者の業務を効率化する手助けとなる。それは同時に、使用者の手間を省く事にも繋がる。特に新しいアプリなどであれば場合によっては煩雑な初期設定も必要となるが、それらを一括して行えるのはmdm管理下における強みと言える。MDM基本機能

みなさまこんにちは。今回はmdmの管理画面についてお話しします。Mdmの管理画面を使ったことがある人はいますか?もし良かったら一度使って見てください。
意外とメーカーによって使い易い、分かりやすいに差があるので自分の目で確かめたほうがいいでしょう。
私自身も一度各メーカーさんのものを触って見たことがあります。そうしたら本当に違っているのです。
機能などはほとんど一緒であるのに何が違うんだろう、と考えました。ひとつだけ、思うことがあります。
それは、「昔からあるmdmほど使いにくい」ということです。
 意外ですよね。前からあるmdmなのに、なぜなんだろうと思って僕なりに分析しました。
その結果としては、「初期のセキュリティ機能のみから、新たな機能を追加していったことによって管理画面がごちゃごちゃしていった。」と感じました。
なぜかというと、最初はセキュリティのみで追加して行ったはいいが、機能追加に合わせて管理画面を変更すると、既存顧客に迷惑がかかるため、非常にやりにくかったからだと思います。意外と、後発組のが良かったりします。
mdmとは

事業を拡大することで、全国に支店ができる。これはすごいことですよね。でも、営業情報を一ヶ所に集約するとなるとかなりの労力も必要になってきます。東京の本社に全国の支店の営業情報が集められますが、全てが揃うのにかかる時間は約1週間。しかも、情報の全てはペーパーに記入されていて、多くの営業先があるためその量も膨大です。本店にはペーパーそのものが送られてきたり、ファックスでの送信も可能だった。これを誰がまとめ上げるのでしょうね^^考えただけでもゾッとする作業です。

そんな作業を必要とせず、オンラインでリアルタイムで管理できるようになるのがSFAなんですね。営業マンは出先から空いた時間に営業情報を入力することができます。それは本社、支店すべてで情報共有、透明化もできるので、今、誰がどのような営業で動いているのかも確認できるようになります。

それに、ペーパーの取り扱いが無くなる、というのはコスト的にも作業効率的にも相当アップできますよね。事業が拡大すればするほど、SFAは心強いパートナーになってくれるんですね。

SFA(営業支援システム)比較

アメリカではMAの導入が進んでいるそうで、この一年以内に導入しようとしている企業を含めるとテクノロジー関連の会社では半数に登るそうです。

MAを導入する狙いは、営業プロセスにおいてそれを透明化して評価、改善などを効率的に行う事。そしてCRMといった顧客視点でのマーケティング、販売活動などがあるとのこと。

しかし日本ではと言うと、MAを使っている企業は9%以下。そのうち5割以上はその効果に満足しているものの約3割は効果がわからない、という答えになっているそうです。その原因をあるコラムでは、「そもそも導入する目的が明確ではないのではないでしょうか」とありました。

とりあえず評判が良いので、ライバル会社の業績アップがこれだったから、といった理由だけで新しい営業支援ツールを導入しても、結局何のため、誰のため、どういったことがポイントとなって使うのか、ここがしっかりとしていないために効果を上げられないと。でも逆に言うとそれらが明確になれば効果を上げられるわけですからね^^やはりモノは使いようだと思いますね。

効率的に営業管理をするにはクラウドサービスがとても便利です。たとえば『Sales Force Assistant』というクラウド型営業支援サービスは、訪問スケジュール管理や商談履歴の照会など営業担当者が必要とするアシストを、電子秘書が24時間365日休まずに行ってくれるというもの。主な機能は、「スキャンした名刺データの管理機能」「訪問予定や商談履歴を照会して必要な資料等をアシストしてくれる機能」「過去クレーム情報を管理し、再発防止をアシストする機能」「メモ/付箋機能」など。これ一つで営業管理に必要な機能を網羅しているので、一元的に総合管理したいという方にオススメです。この他にもGoogleのアカウントがあれば誰でも無料で利用することができる『G Suite』(Google Apps)も人気の高いクラウドサービスの一つなんですよ。GoogleカレンダーやGoogleドライブ、ハングアウト、Gmailなど、営業管理に役立つアプリケーションが多く用意されており、法人でも導入しているところが多いツールです。これらクラウドサービスを上手く活用し、営業管理をより効率化していきましょう。

SFAが便利なシステムだな、と思う理由のひとつにターゲットの管理という機能があります。これは業務を効率的に行う上でも非常に助かる機能ではないでしょうか。

まだあまり営業に慣れていない新人さんだったり、思うように成果を出せない営業マンの方。この機能を使うことで予想以上に業績アップを狙えるかもしれませんよ^^

多くの見込み客を抱えていても、いつ、どのようなタイミングで営業に行ったら良いのかわからないときってありますよね。それをターゲットを絞り、いつぐらいに次の訪問をしたら良いのかを、SFAの機能で教えてくれるんです。なので、条件を指定しておけば、いつもその条件に合った訪問先のリストを手に入れることが可能となるんですね。まるで優秀な営業の先輩が隣に付いてくれていて、今日はココに訪問に行くと良いよ!とアドバイスしてくれているようですよね^^

もし、訪問をしばらく忘れていた会社があったとしても、この絞り込みですぐに発見できるのもまた便利だと思いますよ。

knowledgesuite.jp

テラスカイが提供している保険代理店向け営業支援ソリューション『Insurance Agency Solution(IAS)』をご存知でしょうか。これはセールスフォースドットコム社のプラットフォームに構築した保険代理店向けのSFAで、監督官庁のガイドライン変更にスピーディーな対応が可能なんですよ。ちなみに現在は昨年5月に施行された改正保険業法に対応しているそう。そのうえ短期間&低コストで導入できます。そんなIASが先日バージョンアップし、営業活動支援機能を強化しました。新バージョンでは、契約者の家族が加入している保険情報を一括で参照することができるようになり、営業アプローチがいつ有効であるのか等を見える化することができます。またIASの基本機能のみで、保険商品だけでなく仲介手数料等の情報も登録できるようになりました。さらに“停滞している募集リスト”や“満期をむかえる契約リスト”などというレポートを追加したので、上手く活用すれば、より質の高い営業アプローチが実現できそうです。

どうやったら今以上の営業成果を挙げて売り上げの向上を見込めるのか。これは全ての企業において究極の目的ですよね。ただ、多様化という今。顧客の嗜好があまりにも広がりすぎていて、それらにすべてマッチングするような商品やサービスってそうはありません。そのため、それぞれの顧客に合った製品、サービスが必要になってきているんです。そのためには、顧客を知り、顧客に最適なものを提供し満足してもらうこと。顧客が第一、つまりお客様は神様です^^的なことではないでしょうか。

このお客様は神様ですって、すっごい昔のフレーズですよね。きっと若い人なんて聞いたことないかと^^しかしそんな昔の忘れ去られている言葉が、実は現代でも最も大切な言葉になっているんですね。商売ってそうなのかも。常に顧客のことを考えて物事を進めていけば、それが結果的に売上向上につながる、ということなのでしょう。

そのために、顧客情報管理ができるCRMが注目され、導入を進めている企業が増えているんですね。

KnowledgeSuite