未分類

スマートフォンやタブレットは社内にあるデスクトップのパソコンや固定電話とは異なり、持ち運ぶことが前提で運用されています。そのため企業でスマホやタブレットを導入した場合、従業員がそれらのモバイル端末を紛失したり、盗難されたりした時のリスクに備えておく必要があるのです。
そこでモバイル端末管理としてmdmを導入する企業が増えています。Mdmは様々な機能がある有能なモバイル端末管理ツールです。Mdmでは紛失時にモバイル端末が操作できないようにリモートロックします。
さらに紛失時にモバイル端末内にある社外秘情報、個人情報などの大切なデータをすべて消去するワイプ機能が付いたものも多いです。
リモートロックをかけたとしても紛失したモバイルデバイスが見つからなかったり、重要な情報が端末に残っていたりした場合、非常に危険です。その場合はリモートワイプ機能によってモバイル端末のデータを全て初期化してしまい、情報漏えいを未然に防ぐことができるようになっています。この機能は通信できない環境下においても、パスワード入力に数回失敗した場合などは初期化するように機能設定されています。端末のリモートスワイプ、リモートロック

スマートフォンやタブレットなどは私達の生活には欠かせないツールとなっています。それは私生活だけではなく、仕事面においても同じことが言えます。企業でも仕事の効率を高めるためにスマートデバイス端末を導入する企業が増えてきています。企業でスマートデバイスを導入するにあたり忘れてはいけないのがmdmです。Mdmとはスマートデバイス端末一元管理ツールのことでありmdmを用いて管理を行うことで多数のスマートデバイス端末であっても全てを管理下におくことができます。Mdmでは社員に配布しているスマートデバイス端末情報を収集して、一元管理するといった機能もあります。またポリシーを更新した場合には、その設定状況を遠隔操作によって適用させることもできるのです。部署や役職ごとにポリシーを変えて管理することもmdmツールを用いれば簡単なことです。さらに最近では業務アプリやファイルnお配信、インストールを効率化する仕組みのあるmdmツールなども登場しており、mdmツールが多様化してきています。http://www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/

Mdmツールによるスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末の一元管理ツールとしてmdmは欠かせません。Mdmツールの機能の中には、タグ情報による設定構成機能、端末タグと呼ばれる機能があります。この端末タグとは端末ごとに異なる設定値の作成、配信の効率化を実現できる管理者向けの機能になっています。設定値とはメールアドレスなどのことを指します。
設定値ごとに別のファイル作成、配信をする必要がある場合、管理者の負担は非常に大きくなってしまいます。100人いたら100個の設定ファイルを作って、ファイルと端末を選択して100回配信するというのは非常に時間がかかります。そこで端末タグ機能を利用することで、異なる値を持つ設定項目はタグで共通化し、管理効率を圧倒的に向上させることができるのです。共通タグ機能で簡単に設定を作成できますし、配信自体も一括送信が可能なので非常に楽ちんです。mdmは欠かせません。参照URL

スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を導入する場合、mdmも一緒に導入するという企業は多いでしょう。Mdmの導入の際には複数のmdmツールを候補として比較検討してから、導入するmdmを決定するという企業がほとんどです。その際にどのような点を重視して選定していくのでしょうか?
セキュリティ管理機能などの基本機能だけではなく、操作の用意性、グローバルでの利用実績はどうか?きめ細やかな管理者権限設定機能はあるか?マルチOSやマルチプラットフォームに対応しているのか?などを比較していきます。
また利用するためのランニングコストも企業にとっては非常に重要なポイントです。ランニングコストが高ければいくらよいmdmツールであってもそのコストが企業にとっては負担となってしまいます。Mdmツールを選定する時には機能や操作面、コスト面など様々な点を考慮してバランスの取れたツールを選ぶと失敗が少ないでしょう。Ascent Networks MoDeM

Mdmには使用制限やセキュリティ対策など様々な機能が充実しています。その中の1つとしてタブレットなどの各スマートデバイス端末の活用状況、使用状況を把握することもできるのです。例えばスマートデバイス端末の中にどのようなアプリがダウンロードされているのか?不正な改造はされていないのか?タブレットはどのように利用されているのか?などを把握する機能もあるのです。このような活用状況を把握できるmdmの機能をうまく活用することによって決められたルール内で生徒たちがタブレット端末を使用して、自ら考えて行動できる環境を整えていくのです。失敗できない環境をつくるのではなく、失敗をしたとしてもそれが学びにつながるような環境を生徒に与えていくことがタブレットICTを用いた教育になっていくのです。使用制限をかけていなくてもどのように活用しているのか?を管理者側で把握できている場合、不正使用をしていた場合にはそれを指導していくという教育方針もあります。Apple Device Enrollment Programについて

Mdm にはセキュリティ機能、資産管理機能の他、各種設定やアプリケーションなどを遠隔配信して、活用環境の整備、運用の効率化を実現してくれる配備管理機能も備わっています。
例えば環境設定機能であれば、管理デバイスのパスワード、パスコードの強度、再利用ルールなど、パスワードポリシーとして管理デバイスに一括適用できるパスワードポリシー設定機能や、業務や学習で利用することが多いwebページなどブックマーク/webクリップとして管理デバイスに一括適用できるブックマーク設定機能などがあります。またオフィスでのWi-Fi接続するための設定をスマートデバイス端末に配信、適用できるWi-Fi設定、利便性・安全性の高いプライベートネットワークの設定をスマートデバイス端末に配信、適用できるPN設定、メールの設定をスマートデバイス端末に配信・適用できるメール設定などの機能があります。そのほか、ブックマーク設定、グローバルHTTPプロキシ設定などの機能を持つmdm製品もあります。MDM(Mobile Device Management)とは?

スマートフォンやタブレット端末を企業導入する場合、mdmツールでの管理は情報漏えい対策に欠かせません。Mdmツールの中には情報漏えい対策には欠かせないエンドポイントのセキュリティを一元管理する機能があります。Mdmツールを利用して管理することで、企業で管理しているエンドポイントのセキュリティ状態を可視化して、管理者の日々の運用工数を削減することができるのです。
ウィザードで簡単に初期設定できるmdmであれば、ウィザードに沿って設定を進めるだけで必要なポリシー設定が簡単に完了され、展開準備が整います。また対処が必要なスマートデバイス端末を自動でレポート化することで、管理工数のセキュリティ対策を実現し、自動診断による運用工数の削減にもつながります。
その他、社内のネットワークだけではなく、外出先、海外などを拠点に利用環境を問わず管理できるmdmであれば非常に使い勝手はよいでしょう。いつどこにいても管理対象全てにポリシー適用やセキュリティ対策を行うことができます。Ascent Networks MoDeM

mdmツールはオプションで多彩な機能を付けることができる製品が多いです。例えば人気があるのはウイルスの脅威からスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を守るオプション機能です。
スマートフォンにも標準整備されているウイルス対策用のアプリケーションというものはあるのですが、それだけでは実現できないウイルス対策機能を提供できるmdmもあります。管理コンソールからマカフィー機能の遠隔設定が可能なものもあります。
ウイルス対策としてはインストール状態・動作状況、パターンファイルのチェックや緊急パターンファイルの更新指示、緊急スキャン指示、スケジュールスキャン指示などがあります。
また感染状況やパターンファイルバージョンやスキャンの日時をログで確認することができるmdm機能もあります。ウイルスの脅威からスマートデバイス内にある大切な情報を守ってくれる機能がmdmにはあるのです。
全てのmdmにその機能があるわけではありませんが、情報漏えいの危険はスマートデバイス端末の紛失・盗難だけが原因ではありません。ウイルスによって情報が外部に漏れてしまうこともあるので注意が必要http://ascentnet.co.jp/mdm-modem/

企業でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入すると不正サイトへのアクセスが懸念されます。業務以外の使用が多くなると業務効率のアップどことか、業務効率低下につながる恐れもありますので、不正サイトへのアクセス制御などの管理が必要です。
Mdmツールで管理をおこなえば、不正サイトへのアクセスを制御する機能がついていますし、アプリケーション利用の制限といった機能もあり、ウイルスプログラムのインストールの防止や業務には関係のないアプリケーションを無効化することもできるでしょう。
不正サイトへのアクセス防止の機能があるだけで、業務以外の使用が制限されますので、企業としても安心してスマートデバイスを使った業務を行っていくことができるでしょう。
Mdmツールがなければ、すべてのスマートデバイスを一斉管理することなどは不可能ですので、企業でスマートデバイスを導入する場合にはmdm導入が必須となるでしょう。MDM modem

Mdmツールでスマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスを一元管理することによって、モバイルデバイス内に入っている個人情報や社内の機密情報などが外へ漏れ出てくれるのを防いでくれます。しかしmdmはいつなんどきも万能なセキュリティ機能があるわけではないのです。
例えば遠隔操作によってモバイルデバイス端末のリモートロック、リモートワイプ、機能制限などをしようとしても、この操作ができるのはモバイルデバイス端末がネットワークに接続できる環境にある場合に限られます。
端末の所有者が意図的に電源を切ったり、電話が届かないエリアにモバイルデバイス端末を持ち込んでしまったりすることで、その間はmdmの機能は操作することが全くできなくなり、セキュリティシステムも発動しません。そのような場合mdmでの管理が意味をなさなくなってしまうので、これらの対策のために画面ロックを解除するパスワードの入力を指定回数間違えてしまった時にはデータを自動的に消去する機能など別個ついています。
MDMサービスのMoDeMについてみてみましょう!