admin

スマートフォンやタブレットなどは携帯性に優れており、外出先でも会社にいる時と同じように業務をこなすことができます。しかし便利なスマートフォンを企業で導入したとしても、使い始めるまでの初期設定などの準備が十分でなければ、その便利さは生かされません。そこで酢マートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の管理にはmdmソリューションがおすすめです。モバイルデバイス端末管理ソリューションであるmdmは管理画面から、連絡先、Wi-Fiなど各種設定をモバイルデバイス端末ごと、グループ単位ごとで行うことができます。またクラウド型のmdmであれば、クラウドへのバックアップ機能などもあるので安心して運用することができるでしょう。端末のセットアップとしては、アプリケーション配信、お気に入りの追加、バックアップ機能、Wi-Fi設定、連絡先追加などがあります。
その他、mdmソリューションには資産管理などの機能もあります。管理画面上でスマートフォンを利用者ごとに管理することができます。インストールされているアプリケーションの一覧やOSバージョンなど、スマートフォンの詳細情報を把握することも可能です。

mdmソリューションは様々なメーカーから提供されており、それぞれのmdmソリューションによって使い方や機能には違いがあります。
まずmdmソリューションは基本的にはマルチキャリア、マルチOS対応になっています。企業で全て同じOSの端末を利用するとは限りません。特に私物を業務に利用するbyodの場合、様々なOSの端末を一括して管理する必要があります。
そこでmdmソリューションでは、マルチキャリア、マルチOSに対応しており、異なる通信キャリアの端末も一括して管理が可能になっています。さらにはWi-Fi版のタブレットにも対応しています。
またmdmソリューションは、豊富な管理機能をもち合わせており、対応機種数も豊富です。詳細なポリシー設定、多重トリガーでの指示が可能であり、国産システムならではの機種の多様性と早期の新機種対応が非常に便利で、効率よく業務で活用できるでしょう。さらにmdmソリューションは緊急時のロック対応も代行してくれるので安心です。

byodは企業でモバイルデバイス端末を導入する際に、従業員が私物で持っているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で使用することを言います。byodは会社にとってはコスト削減につながり、社員にとっては使い方が分かっているので非常にラクチンでs。
何より会社は会社支給のモバイルデバイス端末を従業員に手配する必要がありません。社員が増えている段階の成長期の企業では、パソコンやスマートフォン、タブレットなどの購入費用は非常に大きくなってしまいます。しかしbyodを導入すればモバイルデバイス端末支給に伴うコストを削減することができるのです。
また社員が自分のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末やノートパソコンを使って仕事をするので、在宅勤務やサテライトオフィス勤務などそれぞれのライフスタイルに合わせて柔軟な働き方を企業として認めることができます。
ただしbyodには課題もあり、セキュリティ面でのリスクは非常に大きくなります。会社にとってのデメリットになるセキュリティ面に関してはmdmなどでしっかりと対策を考える必要があるでしょう。

VPPとはVolume Purchase Programの略であり、法人や教育機関がアプリケーションの購入や配布をするためのapple社が提供するビジネス向けのプログラムになります。
iPhoneやiPad、MACなどiOSデバイス端末の利用が増える中で、業務上で必要になるアプリケーションを利用する機会も増えてきています。そこでVPPではアプリケーションの導入をより効率化することを目的に提供されたプログラムになります。
VPPではAppstoreのアプリケーションを一括購入して、ユーザーの各モバイルデバイス端末に配布することによって企業や学校でのユーザーが業務上で使用するアプリケーションを簡単に利用することができるようにしてくれます。VPPで購入してユーザーへ配布されたアプリはアプリが必要と亡くなった場合には、所有権をいったん回収し別のユーザーが再利用できるように設定することも可能で。
VPPはMDMと同様、モバイルデバイス端末を大量導入する場合欠かせないツールとなっています。

個人で持っているandroid端末を仕事で活用する事例は、会社がandroid端末を支給して業務に活用したりと、androidのモバイルデバイス端末を業務で利用するケースは非常に多いです。会社で導入してメールや電話帳、データなどを入れて利用する場合には、そのandroid端末を安全に使用するために必ず対策を考えなければなりません。その管理対策の1つが、モバイルデバイス端末管理ツール=mdmになります。社員個人個人が対策を取るのが一番ですが、現実的にはmdmソリューションを用いて、android端末を一括管理することになるでしょう。
android端末管理で気を付けておきたいのが、androidは提供するメーカーごとに制御機能が若干異なるため、管理ツール選びをきをつけなければなりません。
Googleではappleに比べて充実で細かく管理できる機能をあまり提供していないため、android端末管理はandroidに対応しているmdmソリューションを用いるようにしましょう。

byodはbring your own deviceの略であり、会社が支給したモバイルデバイス端末で業務を行うのではなく、個人が所有しているモバイルデバイス端末を用いて業務を行っていくことを言います。
bring your own deviceは、ワークスタイルの変革と社員の利便性向上という面からも非常に大きな可能性を秘めています。
操作に慣れていない会社支給のモバイルデバイス端末で仕事をするよりも、普段から個人で所有しているモバイルデバイス端末で業務を行った方が、操作性に慣れているので明らかに業務効率は高まります。
しかしbring your own deviceは安全に運用するためにしっかりとしたセキュリティ対策をしてから行う必要があります。
bring your own deviceに潜んでいるリスクを正しく理解することが重要でしょう。bring your own deviceを導入する時に、mdm製品の導入も同時に行うべきでしょう。

mdmソリューションは多くの種類があり、それぞれのmdmソリューションによって機能が様々です。モバイルデバイス端末の一括管理にmdmを利用するとモバイルデバイスの設定はどうなるのでしょうか?
mdmに登録されるとmdmのプロファイルがモバイルデバイス端末にインストールされることになります。
モバイルデバイス端末の加入時には、必ずアラートが表示されて、モバイルデバイス端末がmdmソリューションの管理下に入ることが、スマホやタブレットなどのモバイルデバイスを利用するユーザーに通知されるようになっています。
そのモバイルデバイス端末を管理されたくない場合には、許可しないということも可能になっています。
一度モバイルデバイス端末がmdmソリューションに登録されると管理者によって設定の変更があったとしてもその設定変更に関する通知は表示されることはありません。そのため、即座に設定がモバイルデバイス端末に反映されるようになっています。

現場に出ることの多い社員にとっては、小型で高機能で携帯性に優れたスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は使いやすく、最適なアイテムになります。その一方、盗難、紛失、悪用などのリスクも高いためモバイルデバイス端末の管理は必須となっています。
モバイルデバイス端末管理のツールソリューションと言えばmdmです。
モバイルデバイス端末導入を機に、mdmを導入する企業も多く、mdm導入事例は年々増えています。
スマートフォンは外勤の多い営業マンにとっては欠かせない業務ツールの1つです。
ある程度のデータのやり取りが可能なスマートフォンは業務効率化を高めるためには欠かせません。
スマートフォンにある程度のデータのやり取りをすると、本体には蓄積されたデータ量が残ります。
つまりその分セキュリティをしっかりとおこなわなければならないのです。mdmツールはうまく活用することで円滑にモバイルデバイス端末導入につながります。

企業でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入すると、業務の効率アップにつながるため、現代社会において企業として成長するためにはモバイルデバイス端末導入は欠かせません。sスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する上では、セキュリティ対策としてmdmシステムの利用は必要不可欠です。ただmdmを導入すればそれだけで情報漏えいリスクを防ぐことができると安易に考えてしまうのは危険です。
mdmだけでは防ぐことができない情報漏えいリスクも存在しているのです。
スマートフォンやタブレットは携帯性に優れている反面、企業の機密情報や個人情報などを会社外に持ち出していることになるので、情報漏えいリスクが非常に高いです。
そのためしっかりとして情報漏えいリスクの対策が必要であり、守るべき情報を明確にしなければなりません。
mdmシステムは100%安全ではなく、完璧ではありません。
mdmシステムの弱点を踏まえた対策を立てることが重要にでしょう。

bring your own deviceを導入する企業も増えてはきているものの、いまだにbring your own deviceの導入を禁止している企業は多いと言えます。
禁止している企業の多くは、その理由としてセキュリティに対する問題点を上げています。bring your own deviceを導入することによってデータの漏えいの危険リスクは高まります。業務に使用している個人端末を紛失してしまった場合は、そこから情報が流出してしまいます。
また個人所有のモバイルデバイス端末なのでアプリケーションの使用制限やクラウドサービスの利用制限を設けることがなかなか難しく、そのような利用制限をしている企業は少ないです。
規制を厳しくしてしまうと、従業員側としては使いづらくなってしまいますし、社内システム整備が追い付いていないという課題もあります。
さらに社内システムを整備するためには、システム整備に対するコストもかかkってくるのでコスト的な問題も浮かび上がってしまうのです。