NIコンサルティングが提供している顧客創造ApproachというCRMをご存じでしょうか。

このツールは、見込み客を探り出したり放置されている顧客の掘り起こしに役立つ。問い合わせされた内容を自動でデータにできる。見込み客へ定期的にメールを送ることで効率的にコンタクトできる。これらの特徴があるそうなんです。

こんなにたくさんのことが自動で行われれば、確かに少数しかいない営業部でも営業成績を上げることができそうですよね。

同社がサービスしている日報のシリーズもあるそうで、このツールとの連携によって顧客情報が活用され、営業マンの仕事の効率化が実現できるようです。

また、ITに詳しくない営業マンばかりだととっつきにくい機能・・問い合わせや資料請求フォームの作成など・・が簡単にできたり、問い合わせがあった内容を自動でデータ化、メールに変換できる、という機能もあるそうで、中小企業でCRMの導入を計画しているところにもおすすめできそうですね。

https://knowledgesuite.jp/service/what-is-sfa.html

できる営業マンになるためには、毎日の営業活動以外にも勉強が必要であるとどこかのサイトに書かれていました。将来的なことを考えれば更なる資格を取得しておいた方が良いそうなんです。

では、どのような資格をもっていると将来的に役に立つものなのでしょうか。

まずは営業士という資格。こんなのあったんですね^^初級、中級、マスターと段階があるそうです。営業に特化すればセールススキル検定というものもあるそうです。実務経験も評価に入るそうです。

営業マンだけではなくビジネスマンに必須とも言ってよいのがTOEICでしょう。現在の大手企業では600~700点が必要と言われているそうです。

IT業界においては基本情報技術者も必須ですよね。さらには、消費生活アドバイザーもおすすめだそうです。企業側だけの物の見方をしていては、消費者が置いてきぼりになり、結果的に企業の売り上げにつながらないということなんでしょう。

他には販売士、ファイナンシャル・プランニング技能検定、日商簿記などもおすすめされていましたよ。

経験や勘に頼っていた以前の営業。これで、本当に昔は受注を取ることができていたんですね~。良かった時代と言って良いのでしょうかね^^

今だってこのような経験、勘って必要じゃないのかなとも思うんですが・・、みなさんはどう思います?ただ、昔のような働き方をするビジネスマンはもう居ないのは分かります。がむしゃらに働くのではなく、効率的な働き方が今の時代に合っている、スマートさが大切なのかもしれません。なので、経験や勘が育たない環境になっているのでは?と個人的には思いますね。

参考:CRM比較

この効率的な働き方、営業に仕方に必要とされるのが顧客の行動を知ったり分析を行うこと。顧客情報から分析を行うことで、様々な顧客の嗜好、行動が見え、次に顧客が欲しいだろうと思われる商品を今度は企業側から提案できるようになったんですね。

顧客は「何で私が興味があるもの、これまでに見た商品がオススメとして提案されるの?」と、その不思議さに驚きつつも、「やっぱり私に買えと言うことなのね!」と決断させてしまうわけですよ^^思うツボですね。

ソネット・メディア・ネットワークスと伊藤忠インタラクティブの協業が今月14日からスタートしたそうです。そのサービスは既存顧客・乗り換え抑止ソリューション。CRMを利用して顧客分析、分析後はそれぞれの企業のサービスに合った乗り換え防止策の提案をする、というもの。ちょっと難しいですね^^具体的には、ユーザーがほかの企業に乗り換えないようなコンテンツを作ったりそれを運用したり、キャンペーンを行ったりクーポンを配布したり、Web広告を配信したり。「実際の抑止プログラムまでをトータルでサポートする」というものだそうです。

ソネット・メディア・ネットワークスがWeb広告の配信、運用、分析を行い、伊藤忠の方がその前の作業の企業への企画の提案、コンサルティングなどを行うそうです。

それぞれの会社が、自社でそれまで培ってきた経験や知識、いわゆる強みを活かし、それを2社で協業した事業を行う。最近はこのような協業が多いですよね。両方がウィンウィンの関係になるのかしら。。

ドコモから6月10日に発売された「AQUOS ZETA SH-04H」。これ、法人向けのスマートフォンとしてもお勧めされているんですね。ドコモのサイトでは、このAQUOSを「人に寄り添う快適パフォーマンス」と謳っています。どのような意味があるのでしょうか。

まずはハイスピードIGZOによりなめらかでくっきりとしたスクロールになったこと。これにより、目が疲れにくい効果も実証されているそうです。さらに「スクロールオート」という新しい機能により、オートでスクロールしてくれるので快適なブラウジングになっているとのこと。

カメラ機能は本格的なデジカメのよう。約2,260万画素カメラで超高性能F1.9レンズ、新光学式手ブレ補正機能あり。さらには本体をひねる、という動作で使っていた1つ前のアプリに戻れるという面白い機能、本体を持つことで画面がすぐに利用できる機能、側面の指紋センサーなど操作機能のパフォーマンス向上が著しいんですよね。

確かに「人に寄り添う快適パフォーマンス」でした。

1995年あたりに米国からやってきたSFA(営業支援システム)ですが、そもそも勘や経験からの営業方法から科学的な根拠に基づいた営業に改善するという目的から生まれました。SFAつまり「Sales Force Automation」という言葉を見てもそれは明らかでしょう。そんなSFAは、既存顧客や見込み顧客、営業活動に関する情報を記録&管理する事が出来ます。また過去の商談履歴や現在進行している案件の進捗状況、営業活動で得られた重要な企業情報、アポイントメントといった様々な情報を社内で共有することも可能です。そういった情報を一元管理することで、業務の効率化をアップさせることもできますよね。しかしSFAをこれから導入しようとしている企業の中には「どのSFAを導入すれば良いか分からない」といった声も多いそう。SFAを選ぶポイントは、「誰でも簡単に入力が出来るシステムであること」「リアルタイムに情報を共有できるシステムであること」「マルチデバイス対応であること」「外出先でも入力しやすいUIであること」などが挙げられます。業務効率が上がれば、営業マンも時間のゆとりができるし、生産性が上がれば管理者も経営者も満足するでしょう。誰も損をしない…SFAとはそうゆうシステムなのです。GEOCRM

昭和までの日本の営業スタイルは常に歩いて稼ぐこと。まるで刑事ドラマの刑事のようですが^^自分の足で歩いて新しい営業先を開拓したり、すでに顧客である会社にも挨拶周りをしたりと、根性と体力がすべてを握っていたような時代だったそうです。このようなやり方で、日本の営業は成立していたんですね。ある意味良い時代だったのかもしれません。

しかしながら、今は景気低迷、人手不足、そして営業先となる企業も少なくなっているため、市場競争が熾烈になってしまっているとのこと。先の足で歩いて稼ぐことは、この時代には合わなくなってしまっているんですね。企業には営業革新が求められているんです。

このような状況で次々と企業が導入しているのが、営業支援ツールと呼ばれるSFAやCRMなんですね。社内にいなくてもスマホやタブレットを持っていれば日報の管理、情報の共有、管理者からの指示も的確に受けることもできます。営業もその時代に合ったものが必要なんですね~。

株式会社シャノンとサイバーエリアリサーチ株式会社が連携して出来たサービスがついに提供開始しました。それがWeb来訪した組織のIPアドレスから企業情報を解析できる『どこどこJP for SMP』なのです!これはシャノンが提供するマーケティングオートメーションツール『SHANON MARKETING PLATFORM』と、サイバーエリアリサーチが提供する『どこどこJP』を組み合わせて出来たサービスなのだとか。解析できた企業に対して戦略的なアプローチが可能になるので、ビジネス上でのコミュニケーションの最適化を図れるというわけ。商談を上手く進めたり、受注率の向上につなげたりといったことができそうですね。『どこどこJP for SMP』ができることは、「Web訪問企業一覧の表示」「企業ごとのアクセス状況とアクセスページ」「企業ごとの流入経路とランディングページ」です。戦略的かつ効率的なマーケティングができそう。競合他社に負けないアプローチが可能になるでしょう。https://knowledgesuite.jp/service/sfa.html

無線LAN対応のノートパソコンや有線LANポートを持たないスマートフォンやタブレットの普及に伴い、無線LANを導入しているという企業が増加しているそう。それは大企業だけでなく中小企業においても言えることで、すでに無線LANは収益アップや業務効率化を図るうえで必要不可欠なネットワーク基盤となりつつあるのです。数年前、なんだか便利そうだからと無線LANを導入したはいいけれど、トラブルは多発するわ、繋がらない原因は分からないわで散々な目に合ったという中小企業が多くいたという話を聞いたことがあります。懲り懲りしたと思いますが、いつまでも逃げ腰の体制では成長の妨げになってしまいます。今は導入や運用負荷軽減に役立つサービスも増えてきているんですよ。クラウド管理の無線LANの負荷を限りなくゼロする『マネージド無線LANサービス』もここ1年ほどで増加してきていますよ。NTT東日本のマネージド無線LANサービス『ギガらくWi-Fi』もその一つ。ユーザーは、送られてきた無線LANアクセスポイントを電源やLANのケーブルを挿し込むだけでOK。しかもサービスを導入する企業は、年中無休で電話サポートを受けることができるのだという。設定変更やトラブル時の対応などがあれば、ヘルプデスクに電話を一本かけるだけなんですよ。これなら運用の負担はほとんどありませんよね。中小企業にとって運用負荷がかからないことがどれ程ありがたいことか…今後も無線LANは活発化していきそうですね。

パソコンやスマートフォンを業務に活用しているという企業は多いでしょう。それだけITが進歩したということですが、そこには常にセキュリティの問題が付きまとっています。サイバー攻撃も日々、日進月歩で進化しているということを忘れてはいけません。特に標的型攻撃に関しては手口も巧妙化しており要注意なのです。セキュリティにおいて考えるべきことは、「防御」「検知」「対応」ですが、これまでのセキュリティ対策では、このうち「防御」に集中し過ぎていました。これは「何事も起こらない」ことを前提としたセキュリティ対策が中心だった現れだと言えます。しかし今は、それは不可能であることを認識し、「起こる前提」で「起こった後」のことも考えなくてはなりません。起きる前からしっかり準備できていれば、起きた時に何をどうすべきかが明確になるでしょう。それには自社システムで何が起きているのかを常時監視&把握しておくことが大切です。サイバー攻撃などの脅威の発生をいち早くつかみ、いち早く対処することができれば、被害を最小限に抑えることができるのだと思います。