Monthly Archives: 4月 2019

iOSやandroidなどのスマートフォンやタブレットを企業や組織、教育現場などで導入する場合、たくさんのモバイルデバイス端末を使用することになります。そのためandroidなどモバイルデバイスを端末管理することで、使用がスムーズになり、業務の効率化アップにつながります。androidの端末管理の方法として、mdmソリューションの導入があります。mdmソリューションはモバイルデバイス端末の紛失・盗難時の情報漏えい対策に効果を発揮します。スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は、携帯性に優れているため紛失、盗難のリスクが高くなります。そこでmdmソリューションで一元管理をすることで、紛失、盗難時に起こり得る情報漏えいを未然に防ぐことができます。その対策の1つにパスワードロック機能があります。パスワードロックは端末自体が持っている基本的な機能になりますが、エンドユーザーに徹底させることで情報漏えい対策につながります。

企業によってセキュリティポリシーは異なります。そのためスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を企業で大量導入する場合は、それらの企業のセキュリティポリシーにあったモバイルデバイス端末の管理をする必要があります。
そこで活躍するのがmdmツールになります。mdmはモバイルデバイス端末管理ツールの略であり、大量のモバイルデバイス端末を一元管理できるソリューションになっています。企業のセキュリティポリシーに基づいたモバイルデバイス端末設定を徹底したい、モバイルデバイス端末を企業のポリシーに沿って適切に使用させて、その確認のためにモバイルデバイス端末の状態や使用状況、使用者を把握したいといった時にはmdmソリューションを活用しましょう。
mdmには遠隔ポリシー設定・実行機能、アプリケーションの利用制限、業務アプリケーション保護、悪性Webサイトへのアクセス制御などの機能が搭載されています。