スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末導入が進む現在、個人が所有しているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で利用するbyod事例が増えてきています。
ただ日本国内においては他の国と比べてbyodの導入事例が少ないという現状があります。ではなぜbyodはスタンダードな選択にならないのでしょうか?
byodにはたくさんのメリットがある反面、デメリットがあるため、その点を躊躇する日本企業が非常に多いのです。
例えば、byod導入に伴う金銭コストや業務コストを懸念する声があります。byod導入にあたりかかる金銭コストを従業員が負担するのか、企業側が負担するのかは明確に決めておく必要があります。
社員の不安を取り除くためにも、企業側は相応の導入コストをかける必要があり、モバイルデバイス端末の購入費用に関する規定を作成したり、端末の安全性の検証作業を行ったりする必要があります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>