Monthly Archives: 2月 2019

mdmとはモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、企業や教育機関などで大量のモバイルデバイス端末を導入するにあたって、mdmを導入することで円滑にそして効率よくモバイルデバイス端末の管理が可能になります。
モバイルデバイス端末の管理機能はいくつかありますが、一括設定もその1つ。モバイルデバイス端末の環境設定を部門ごとの管理ポリシーに従って、一括で設定をすることが可能です。
またスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の利用制限も機能の1つとしてあります。利用制限を設けていないと、就業中にその機能を使って、逆に業務効率が低下してしまう可能性があります。また利用制限を設けることで、外部への叙不法流出の危険性を回避できるのでセキュリティ強化にもつながります。
モバイルデバイス端末の利用制限としては、ソフトウェアのインストール禁止、Webブラウザ、カメラ、画面キャプチャなどの利用を制限することが可能となります。

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を企業で大量導入する際に、それらのモバイルデバイス端末を円滑に管理するためにmdmツールで一元管理するのが一般的です。
mdmツールを導入する場合、初期設定時のセキュリティを検討する必要があります。
mdm利用時のセキュリティ機能が端末依存している場合もあるので、機種ごとにセキュリティポリシーのコントロール可能な範囲を特定して、セキュリティポリシーパラメータを検討しなければなりません。
ほとんどのmdmソリューションにおいてもセキュリティポリシーパラメーターの一括設定の機能があります。
多数の機種で大量のmdmコントロールを行わなければならないので、セキュリティポリシーパラメーターのテンプレート登録機能を利用することで一括した設定を行うことができるでしょう。このポリシーパラメーターのテンプレートにおいては組織階層化やグループ化ができるので、管理効率アップのために利用シーンごとに組織グループ別のパラメーターテンプレートを準備するのがおすすめです。