Monthly Archives: 1月 2019

Apple DEPはアップル社が無料で提供しているサービスの1つであり、組織導入プログラムの一環です。
企業や学校などで大量のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する場合、初期設定やキッティング作業など一元管理をするための準備が非常に大変になります。
そこでapple社では企業の負担をできるだけ軽減できるようにと、Apple DEPのようなサービスを提供してくれています。DEPとはdevice enrollment programの略であり、Apple社が提供するモバイルデバイス端末管理システムへの登録サービスになります。Apple DEPを利用することで会社が所有しているスマートフォンやタブレットなどのAppleデバイス端末を素早く効率的に導入できるようになります。Apple DEPを利用できるのは会社などの企業でのモバイルデバイス端末導入時だけでiOS端末に限定されます。

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の普及に伴い、企業や組織でもモバイルデバイス端末の導入事例が増えてきています。
そこで重要になってくるのがmdmです。mdmはモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、モバイルデバイス端末を一元管理できる仕組みになっています。
mdmで一括管理すれば、モバイルデバイス端末を初期導入する際の面倒な作業も全て効率的に行うことができますし、導入後に必要なデバイス端末自体の管理やアプリケーションの設定、配布なども
mdmを利用することで効率的にそして簡略的に管理することができます。安全対策、セキュリティ対策としてもmdmは欠かせない存在となるでしょう。またmdmはセキュリティ対策機能だけではなく、モバイルデバイス端末の資産管理や利用制限など端末自体の管理の機能もあります。mdmの機能は多岐にわたり、その機能は製品によっても多少の差があるため注意しておきたいです。

パソコンやモバイルデバイス端末のWebアクセスを管理したいという企業はmdmの導入が必要不可欠です。mdmはモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、大量のモバイルデバイス端末を一元管理できます。
大量のモバイルデバイス端末を一元管理すれば、情報漏えいの危険性を防ぐセキュリティ対策にもつながりますし、モバイルデバイス端末内の機密情報や個人情報の管理として資産管理にもつながります。
mdmはそれぞれの製品によって、価格や製品の特徴、製品形態、おすすめのユーザーなども異なってくるので比較しながら選びたいです。
mdm製品の中にはクラウド型タイプのものも多く、この場合は初期投資が不要で運用管理もラクチンです。マルチデバイス端末にWebフィルタリングをかけて、不正サイトや危険サイトへのアクセスを制限します。
ウイルス感染や情報漏えいを防止できるのが一般的な機能となっています。価格に関しては初期費用がいるかいらないか、年間や月の管理料の違いを比較してみるとよいでしょう。