Monthly Archives: 12月 2018

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の普及に伴い、mdmの導入事例も増えてきていることから、mdm市場自体が拡大しつつあります。
mdmはモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、mdmを導入して、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一括して管理することで、初期導入設定が簡単に行えたり、モバイルデバイス端末のアプリケーション配布や設定、セキュリティ対策や資産管理にもつながります。
mdmを導入しないで大量のモバイルデバイス端末を導入しようとすると、企業の管理者側の負担が増大してしまいます。
全ての初期設定、一元管理を企業がするとなるとその管理業務が多くなりますし、管理するモバイルデバイス端末の量が莫大な場合、それらを全て円滑に管理することが困難になるでしょう。
特に大企業の場合、スマートフォンやタブレットを1人に1台支給するとなると想像以上の量を管理しなければならなくなってしまいます。

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を企業で導入する例は増えています。今後モバイルデバイス端末の利用はますます広がっていくことが考えられます。
継続的なモバイルデバイス端末管理の一環としてモバイルデバイス端末のセキュリティ対策に取り組むことは最重要項目とされています。
モバイルデバイス端末のセキュリティに対する脅威は、あらゆるところに潜んでいます。
物理的なモバイルデバイス端末そのものだけではなく、クラウド環境下にもセキュリティの脅威はあるでしょう。モバイルデバイス端末を紛失したり、盗難されたりすることによるリスクや、公衆無線LANを悪用した中間者の攻撃など攻撃の対象となる範囲は非常に幅広いです。
このような様々な脅威からモバイルデバイス端末を守るためには、セキュリティ対策をしっかりとすることが重要になります。企業としてmdmなどのモバイルデバイス端末管理ツールをうまく導入、活用する必要があるでしょう。