VPPは企業や学校でのiOSデバイス端末の利用を効率よく行うために、アプリケーションの導入をスムーズにする目的で作られたMDMプログラムになります。
VPPでは購入したアプリを、ユーザーのモバイルデバイス端末に配布することによって、企業、教育機関のユーザーが業務上で利用するアプリケーションを簡単に利用することができるようにしたプログラムです。
VPPで購入しユーザーへと配布されたアプリケーションは、利用者がいなくなった場合には所有権を回収して、別のユーザーが再利用できるように再設定することが可能です。
この設定は簡単で、アプリケーションの所有者を手軽に差し替えることができるというわけです。
VPPを利用すれば、一度ユーザーに配布した有料のアプリケーションを再購入する必要はありませんし、ムダな費用や作業削減につながるのでおすすめです。企業や教育現場ではVPPは非常に便利なプログラムと言えるでしょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>