Monthly Archives: 11月 2018

企業や教育機関などの大きな組織でスマートフォンやタブレットを導入する場合、モバイルデバイス端末管理が課題となります。
モバイルデバイス端末は携帯性に優れているので、会社で使用するパソコンとは違い、社外に持ち出して、メールチェックをしたり、仕事をしたりするでしょう。
そのため、企業の情報資産の漏えい、持ち出しが懸念されます。そこでスマートフォンやタブレットを業務で使用する場合には、モバイルデバイス端末に機能制限を施すことが多いのです。
機能制限する方法としてはmdmの導入があります。mdmはモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、mdmを導入して管理することで資産管理が可能になります。さらにmdmツールでは企業のセキュリティポリシーに基づいたモバイルデバイス端末の設定を徹底させることも可能です。端末を企業ポリシーに合わせた使用ができるように、デバイス端末の状態や使用状況、使用者を把握することがmdmツールによる一元管理で可能になります。

mdmはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を円滑に管理、運用するために欠かせない管理ツールになります。
mdmを導入する企業は非常に多く、大量のモバイルデバイス端末の初期設定や、アプリの一括配信など様々な便利な機能によって、大量のモバイルデバイス端末の一括管理が可能になっています。
mdmはモバイルデバイス端末を紛失、盗難された際には、遠隔操作(リモートワイプ、リモートロック)などで情報を操作することが可能です。
ワイプ後に発見した場合や故障時の復旧業としては、それまで利用してきたモバイルデバイス端末の設定情報やローカル保存したデータの復旧が必要になってきます。
復旧対策のためのバックアップリストのサポート体制が整っているmdmもあります。クラウドサービスの場合には、ホスティングサービスとの併用や、オンプレミス型mdmであれば、バックアップserverへのアーカイブの仕組みを準備するとよいでしょう