Monthly Archives: 9月 2018

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスの市場は爆発的な拡大が続いています。それに伴いスマートフォンやタブレットを効果的に管理する必要が求められており、データ流出や機密情報や個人情報流出、不正利用などあらゆる
リスクや危険性から、的確にモバイルデバイス端末を管理して守らなければなりません。
モバイルデバイス端末の保護目的、管理目的で導入されるmdmは非常に重要なソリューションというポジションになっています。
mdm製品はモバイルデバイス市場の拡大に伴い、種類が増えています。mdm製品が増えたことによって各製品の特徴や強みもそれぞれ製品によって異なるので、mdm製品を選ぶ際にはしっかりと比較する必要があるでしょう。mdmを導入することでスマートフォンやタブレットのモバイルデバイス端末のセキュリティ強化につながり、プライバシー管理やセキュリティ強化、さらには資産管理や運用効率のアップにもつながります。

mdmはモバイルデバイス端末管理ツールとして様々な管理ができる機能が備わっています。スマートフォンやタブレットなどを企業で大量に導入する場合、初期設定をスムーズに行い、一括して管理ができる環境にするためにmdmソリューションの導入は欠かせません。
mdmの機能はそれぞれのmdm製品によって多少違いがあるものの、リモートロックやリモートワイプなどの基本的な機能は変わりません。
利用ルールに違反しているようなスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末をいち早く把握して、万が一の紛失時、盗難時にはリモートロックやリモートワイプで対応してくれます。
リモートロックやリモートワイプは遠隔操作でモバイルデバイス端末に対して画面のロックをしたり、データ初期化やドライブへのアクセス制御をおこなったりします。
このリモートワイプはセキュリティ対策として欠かせません。その他、紛失モードやパスワードポリシーやアラート設定なども行うことができます。

mdm市場は今後さらに拡大すると言われています。mdmを導入してスマートフォンやタブレットのモバイルデバイス端末を管理することで様々なメリットが得られます。まずセキュリティリスク、情報漏えいの危険性を阻止するための対策としてもmdmソリューションの導入は必要不可欠です。
モバイルデバイス端末にはパソコンと同様のデータや個人情報、機密情報が保存されています。そのモバイルデバイス端末が紛失、盗難された場合、その情報が全て第三者に漏れ出てしまう危険性があるのです。つまり情報漏えいによる被害は非常に莫大であることが分かるでしょう。社外秘情報や顧客情報の流出を防ぐ必要があるのでその点mdmは非常に有効な手段と言えるでしょう。
またmdm市場が拡大することで、スマートフォンやタブレットの業務外利用による業務効率の低下を阻止することができます。
スマートフォンやタブレットではインターネットの利用もできますし、無料ダウンロードを利用すれば様々な事をすることができます。このような利用をしてしまうと、業務効率のためのモバイルデバイス端末によってかえって業務の支障になってしまいます。