bring your own deviceはbyodと略されることもあり、従業員が所有している個人のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で利用することです。
bring your own deviceのメリットは非常に多岐にわたり、海外では特にbring your own deviceの導入が進められています。
企業にとってbring your own deviceを導入することで業務の効率化がアップします。私用のモバイルデバイス端末は常に携行しているので、そのモバイルデバイス端末を使用して社内リソースにアクセスができるようになれば、オフィスに戻らなくてもいつでもどこでも業務をすることができるのです。
距離的、時間的な制約がないということは非常に大きなメリットであり、迅速な対応が可能になるでしょう。bring your own deviceを導入することで、顧客に対するレスポンスの速度も急激に向上することが期待できます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>