Monthly Archives: 8月 2018

スマートフォンやタブレットなどは携帯性に優れており、外出先でも会社にいる時と同じように業務をこなすことができます。しかし便利なスマートフォンを企業で導入したとしても、使い始めるまでの初期設定などの準備が十分でなければ、その便利さは生かされません。そこで酢マートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の管理にはmdmソリューションがおすすめです。モバイルデバイス端末管理ソリューションであるmdmは管理画面から、連絡先、Wi-Fiなど各種設定をモバイルデバイス端末ごと、グループ単位ごとで行うことができます。またクラウド型のmdmであれば、クラウドへのバックアップ機能などもあるので安心して運用することができるでしょう。端末のセットアップとしては、アプリケーション配信、お気に入りの追加、バックアップ機能、Wi-Fi設定、連絡先追加などがあります。
その他、mdmソリューションには資産管理などの機能もあります。管理画面上でスマートフォンを利用者ごとに管理することができます。インストールされているアプリケーションの一覧やOSバージョンなど、スマートフォンの詳細情報を把握することも可能です。

mdmソリューションは様々なメーカーから提供されており、それぞれのmdmソリューションによって使い方や機能には違いがあります。
まずmdmソリューションは基本的にはマルチキャリア、マルチOS対応になっています。企業で全て同じOSの端末を利用するとは限りません。特に私物を業務に利用するbyodの場合、様々なOSの端末を一括して管理する必要があります。
そこでmdmソリューションでは、マルチキャリア、マルチOSに対応しており、異なる通信キャリアの端末も一括して管理が可能になっています。さらにはWi-Fi版のタブレットにも対応しています。
またmdmソリューションは、豊富な管理機能をもち合わせており、対応機種数も豊富です。詳細なポリシー設定、多重トリガーでの指示が可能であり、国産システムならではの機種の多様性と早期の新機種対応が非常に便利で、効率よく業務で活用できるでしょう。さらにmdmソリューションは緊急時のロック対応も代行してくれるので安心です。