byodはbring your own deviceの略であり、会社が支給したモバイルデバイス端末で業務を行うのではなく、個人が所有しているモバイルデバイス端末を用いて業務を行っていくことを言います。
bring your own deviceは、ワークスタイルの変革と社員の利便性向上という面からも非常に大きな可能性を秘めています。
操作に慣れていない会社支給のモバイルデバイス端末で仕事をするよりも、普段から個人で所有しているモバイルデバイス端末で業務を行った方が、操作性に慣れているので明らかに業務効率は高まります。
しかしbring your own deviceは安全に運用するためにしっかりとしたセキュリティ対策をしてから行う必要があります。
bring your own deviceに潜んでいるリスクを正しく理解することが重要でしょう。bring your own deviceを導入する時に、mdm製品の導入も同時に行うべきでしょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>