Monthly Archives: 6月 2018

byodはbring your own deviceの略であり、会社が支給したモバイルデバイス端末で業務を行うのではなく、個人が所有しているモバイルデバイス端末を用いて業務を行っていくことを言います。
bring your own deviceは、ワークスタイルの変革と社員の利便性向上という面からも非常に大きな可能性を秘めています。
操作に慣れていない会社支給のモバイルデバイス端末で仕事をするよりも、普段から個人で所有しているモバイルデバイス端末で業務を行った方が、操作性に慣れているので明らかに業務効率は高まります。
しかしbring your own deviceは安全に運用するためにしっかりとしたセキュリティ対策をしてから行う必要があります。
bring your own deviceに潜んでいるリスクを正しく理解することが重要でしょう。bring your own deviceを導入する時に、mdm製品の導入も同時に行うべきでしょう。

mdmソリューションは多くの種類があり、それぞれのmdmソリューションによって機能が様々です。モバイルデバイス端末の一括管理にmdmを利用するとモバイルデバイスの設定はどうなるのでしょうか?
mdmに登録されるとmdmのプロファイルがモバイルデバイス端末にインストールされることになります。
モバイルデバイス端末の加入時には、必ずアラートが表示されて、モバイルデバイス端末がmdmソリューションの管理下に入ることが、スマホやタブレットなどのモバイルデバイスを利用するユーザーに通知されるようになっています。
そのモバイルデバイス端末を管理されたくない場合には、許可しないということも可能になっています。
一度モバイルデバイス端末がmdmソリューションに登録されると管理者によって設定の変更があったとしてもその設定変更に関する通知は表示されることはありません。そのため、即座に設定がモバイルデバイス端末に反映されるようになっています。

現場に出ることの多い社員にとっては、小型で高機能で携帯性に優れたスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は使いやすく、最適なアイテムになります。その一方、盗難、紛失、悪用などのリスクも高いためモバイルデバイス端末の管理は必須となっています。
モバイルデバイス端末管理のツールソリューションと言えばmdmです。
モバイルデバイス端末導入を機に、mdmを導入する企業も多く、mdm導入事例は年々増えています。
スマートフォンは外勤の多い営業マンにとっては欠かせない業務ツールの1つです。
ある程度のデータのやり取りが可能なスマートフォンは業務効率化を高めるためには欠かせません。
スマートフォンにある程度のデータのやり取りをすると、本体には蓄積されたデータ量が残ります。
つまりその分セキュリティをしっかりとおこなわなければならないのです。mdmツールはうまく活用することで円滑にモバイルデバイス端末導入につながります。