bring your own deviceを導入する企業も増えてはきているものの、いまだにbring your own deviceの導入を禁止している企業は多いと言えます。
禁止している企業の多くは、その理由としてセキュリティに対する問題点を上げています。bring your own deviceを導入することによってデータの漏えいの危険リスクは高まります。業務に使用している個人端末を紛失してしまった場合は、そこから情報が流出してしまいます。
また個人所有のモバイルデバイス端末なのでアプリケーションの使用制限やクラウドサービスの利用制限を設けることがなかなか難しく、そのような利用制限をしている企業は少ないです。
規制を厳しくしてしまうと、従業員側としては使いづらくなってしまいますし、社内システム整備が追い付いていないという課題もあります。
さらに社内システムを整備するためには、システム整備に対するコストもかかkってくるのでコスト的な問題も浮かび上がってしまうのです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>