Monthly Archives: 5月 2018

企業でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入すると、業務の効率アップにつながるため、現代社会において企業として成長するためにはモバイルデバイス端末導入は欠かせません。sスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する上では、セキュリティ対策としてmdmシステムの利用は必要不可欠です。ただmdmを導入すればそれだけで情報漏えいリスクを防ぐことができると安易に考えてしまうのは危険です。
mdmだけでは防ぐことができない情報漏えいリスクも存在しているのです。
スマートフォンやタブレットは携帯性に優れている反面、企業の機密情報や個人情報などを会社外に持ち出していることになるので、情報漏えいリスクが非常に高いです。
そのためしっかりとして情報漏えいリスクの対策が必要であり、守るべき情報を明確にしなければなりません。
mdmシステムは100%安全ではなく、完璧ではありません。
mdmシステムの弱点を踏まえた対策を立てることが重要にでしょう。

bring your own deviceを導入する企業も増えてはきているものの、いまだにbring your own deviceの導入を禁止している企業は多いと言えます。
禁止している企業の多くは、その理由としてセキュリティに対する問題点を上げています。bring your own deviceを導入することによってデータの漏えいの危険リスクは高まります。業務に使用している個人端末を紛失してしまった場合は、そこから情報が流出してしまいます。
また個人所有のモバイルデバイス端末なのでアプリケーションの使用制限やクラウドサービスの利用制限を設けることがなかなか難しく、そのような利用制限をしている企業は少ないです。
規制を厳しくしてしまうと、従業員側としては使いづらくなってしまいますし、社内システム整備が追い付いていないという課題もあります。
さらに社内システムを整備するためには、システム整備に対するコストもかかkってくるのでコスト的な問題も浮かび上がってしまうのです。