スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を企業で大量導入する時に欠かせないのがmdmツールシステムです。
Mdmシステムはいくつものメーカーから提供されており、それぞれの製品によって特長、メリット、デメリットは異なるため、選定する時にはしっかりとその特長を比較しておく必要があります。
比較するポイントとして、スマートデバイス端末導入時の要件定義から利用する用途が変わった場合でも、機能の追加などをスムーズに対応できるのか?という点があります。
はじめに導入した時には、基本的な必要最低限の機能だけを導入する場合があります。しかし実際にスマートデバイス端末を導入してから、アプリやコンテンツの管理運用などが必要になってくるケースは非常に多いです。その場合その状況にスムーズに対応できるmdmを選んでおかなければ一からmdm選定をしなければならなくなってしまいます。
Mdm製品を選ぶ際には、mamやmcmに対応していうかどうかもチェックしておきたいですね。国内のBYOD(Bring Your Own Device)の状況 – MDM Blog

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>