スマートフォンやタブレットは社内にあるデスクトップのパソコンや固定電話とは異なり、持ち運ぶことが前提で運用されています。そのため企業でスマホやタブレットを導入した場合、従業員がそれらのモバイル端末を紛失したり、盗難されたりした時のリスクに備えておく必要があるのです。
そこでモバイル端末管理としてmdmを導入する企業が増えています。Mdmは様々な機能がある有能なモバイル端末管理ツールです。Mdmでは紛失時にモバイル端末が操作できないようにリモートロックします。
さらに紛失時にモバイル端末内にある社外秘情報、個人情報などの大切なデータをすべて消去するワイプ機能が付いたものも多いです。
リモートロックをかけたとしても紛失したモバイルデバイスが見つからなかったり、重要な情報が端末に残っていたりした場合、非常に危険です。その場合はリモートワイプ機能によってモバイル端末のデータを全て初期化してしまい、情報漏えいを未然に防ぐことができるようになっています。この機能は通信できない環境下においても、パスワード入力に数回失敗した場合などは初期化するように機能設定されています。端末のリモートスワイプ、リモートロック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>