Monthly Archives: 4月 2018

スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を企業で大量導入する時に欠かせないのがmdmツールシステムです。
Mdmシステムはいくつものメーカーから提供されており、それぞれの製品によって特長、メリット、デメリットは異なるため、選定する時にはしっかりとその特長を比較しておく必要があります。
比較するポイントとして、スマートデバイス端末導入時の要件定義から利用する用途が変わった場合でも、機能の追加などをスムーズに対応できるのか?という点があります。
はじめに導入した時には、基本的な必要最低限の機能だけを導入する場合があります。しかし実際にスマートデバイス端末を導入してから、アプリやコンテンツの管理運用などが必要になってくるケースは非常に多いです。その場合その状況にスムーズに対応できるmdmを選んでおかなければ一からmdm選定をしなければならなくなってしまいます。
Mdm製品を選ぶ際には、mamやmcmに対応していうかどうかもチェックしておきたいですね。国内のBYOD(Bring Your Own Device)の状況 – MDM Blog

スマートフォンやタブレットは社内にあるデスクトップのパソコンや固定電話とは異なり、持ち運ぶことが前提で運用されています。そのため企業でスマホやタブレットを導入した場合、従業員がそれらのモバイル端末を紛失したり、盗難されたりした時のリスクに備えておく必要があるのです。
そこでモバイル端末管理としてmdmを導入する企業が増えています。Mdmは様々な機能がある有能なモバイル端末管理ツールです。Mdmでは紛失時にモバイル端末が操作できないようにリモートロックします。
さらに紛失時にモバイル端末内にある社外秘情報、個人情報などの大切なデータをすべて消去するワイプ機能が付いたものも多いです。
リモートロックをかけたとしても紛失したモバイルデバイスが見つからなかったり、重要な情報が端末に残っていたりした場合、非常に危険です。その場合はリモートワイプ機能によってモバイル端末のデータを全て初期化してしまい、情報漏えいを未然に防ぐことができるようになっています。この機能は通信できない環境下においても、パスワード入力に数回失敗した場合などは初期化するように機能設定されています。端末のリモートスワイプ、リモートロック

スマートフォンやタブレットなどは私達の生活には欠かせないツールとなっています。それは私生活だけではなく、仕事面においても同じことが言えます。企業でも仕事の効率を高めるためにスマートデバイス端末を導入する企業が増えてきています。企業でスマートデバイスを導入するにあたり忘れてはいけないのがmdmです。Mdmとはスマートデバイス端末一元管理ツールのことでありmdmを用いて管理を行うことで多数のスマートデバイス端末であっても全てを管理下におくことができます。Mdmでは社員に配布しているスマートデバイス端末情報を収集して、一元管理するといった機能もあります。またポリシーを更新した場合には、その設定状況を遠隔操作によって適用させることもできるのです。部署や役職ごとにポリシーを変えて管理することもmdmツールを用いれば簡単なことです。さらに最近では業務アプリやファイルnお配信、インストールを効率化する仕組みのあるmdmツールなども登場しており、mdmツールが多様化してきています。http://www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/