Monthly Archives: 3月 2018

Mdmツールによるスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末の一元管理ツールとしてmdmは欠かせません。Mdmツールの機能の中には、タグ情報による設定構成機能、端末タグと呼ばれる機能があります。この端末タグとは端末ごとに異なる設定値の作成、配信の効率化を実現できる管理者向けの機能になっています。設定値とはメールアドレスなどのことを指します。
設定値ごとに別のファイル作成、配信をする必要がある場合、管理者の負担は非常に大きくなってしまいます。100人いたら100個の設定ファイルを作って、ファイルと端末を選択して100回配信するというのは非常に時間がかかります。そこで端末タグ機能を利用することで、異なる値を持つ設定項目はタグで共通化し、管理効率を圧倒的に向上させることができるのです。共通タグ機能で簡単に設定を作成できますし、配信自体も一括送信が可能なので非常に楽ちんです。mdmは欠かせません。参照URL

スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を導入する場合、mdmも一緒に導入するという企業は多いでしょう。Mdmの導入の際には複数のmdmツールを候補として比較検討してから、導入するmdmを決定するという企業がほとんどです。その際にどのような点を重視して選定していくのでしょうか?
セキュリティ管理機能などの基本機能だけではなく、操作の用意性、グローバルでの利用実績はどうか?きめ細やかな管理者権限設定機能はあるか?マルチOSやマルチプラットフォームに対応しているのか?などを比較していきます。
また利用するためのランニングコストも企業にとっては非常に重要なポイントです。ランニングコストが高ければいくらよいmdmツールであってもそのコストが企業にとっては負担となってしまいます。Mdmツールを選定する時には機能や操作面、コスト面など様々な点を考慮してバランスの取れたツールを選ぶと失敗が少ないでしょう。Ascent Networks MoDeM