Mdmには使用制限やセキュリティ対策など様々な機能が充実しています。その中の1つとしてタブレットなどの各スマートデバイス端末の活用状況、使用状況を把握することもできるのです。例えばスマートデバイス端末の中にどのようなアプリがダウンロードされているのか?不正な改造はされていないのか?タブレットはどのように利用されているのか?などを把握する機能もあるのです。このような活用状況を把握できるmdmの機能をうまく活用することによって決められたルール内で生徒たちがタブレット端末を使用して、自ら考えて行動できる環境を整えていくのです。失敗できない環境をつくるのではなく、失敗をしたとしてもそれが学びにつながるような環境を生徒に与えていくことがタブレットICTを用いた教育になっていくのです。使用制限をかけていなくてもどのように活用しているのか?を管理者側で把握できている場合、不正使用をしていた場合にはそれを指導していくという教育方針もあります。Apple Device Enrollment Programについて

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>