Monthly Archives: 2月 2018

Mdmには使用制限やセキュリティ対策など様々な機能が充実しています。その中の1つとしてタブレットなどの各スマートデバイス端末の活用状況、使用状況を把握することもできるのです。例えばスマートデバイス端末の中にどのようなアプリがダウンロードされているのか?不正な改造はされていないのか?タブレットはどのように利用されているのか?などを把握する機能もあるのです。このような活用状況を把握できるmdmの機能をうまく活用することによって決められたルール内で生徒たちがタブレット端末を使用して、自ら考えて行動できる環境を整えていくのです。失敗できない環境をつくるのではなく、失敗をしたとしてもそれが学びにつながるような環境を生徒に与えていくことがタブレットICTを用いた教育になっていくのです。使用制限をかけていなくてもどのように活用しているのか?を管理者側で把握できている場合、不正使用をしていた場合にはそれを指導していくという教育方針もあります。Apple Device Enrollment Programについて

Mdm にはセキュリティ機能、資産管理機能の他、各種設定やアプリケーションなどを遠隔配信して、活用環境の整備、運用の効率化を実現してくれる配備管理機能も備わっています。
例えば環境設定機能であれば、管理デバイスのパスワード、パスコードの強度、再利用ルールなど、パスワードポリシーとして管理デバイスに一括適用できるパスワードポリシー設定機能や、業務や学習で利用することが多いwebページなどブックマーク/webクリップとして管理デバイスに一括適用できるブックマーク設定機能などがあります。またオフィスでのWi-Fi接続するための設定をスマートデバイス端末に配信、適用できるWi-Fi設定、利便性・安全性の高いプライベートネットワークの設定をスマートデバイス端末に配信、適用できるPN設定、メールの設定をスマートデバイス端末に配信・適用できるメール設定などの機能があります。そのほか、ブックマーク設定、グローバルHTTPプロキシ設定などの機能を持つmdm製品もあります。MDM(Mobile Device Management)とは?

スマートフォンやタブレット端末を企業導入する場合、mdmツールでの管理は情報漏えい対策に欠かせません。Mdmツールの中には情報漏えい対策には欠かせないエンドポイントのセキュリティを一元管理する機能があります。Mdmツールを利用して管理することで、企業で管理しているエンドポイントのセキュリティ状態を可視化して、管理者の日々の運用工数を削減することができるのです。
ウィザードで簡単に初期設定できるmdmであれば、ウィザードに沿って設定を進めるだけで必要なポリシー設定が簡単に完了され、展開準備が整います。また対処が必要なスマートデバイス端末を自動でレポート化することで、管理工数のセキュリティ対策を実現し、自動診断による運用工数の削減にもつながります。
その他、社内のネットワークだけではなく、外出先、海外などを拠点に利用環境を問わず管理できるmdmであれば非常に使い勝手はよいでしょう。いつどこにいても管理対象全てにポリシー適用やセキュリティ対策を行うことができます。Ascent Networks MoDeM