スマホは小さなパソコンと呼べるまでに高い性能を有する汎用デバイスだ。オフィスにパソコンがある風景が必然となったように、ビジネスマンの手にスマホが握られているのも最早見慣れた光景になりつつある。そんな小型のパソコンとも言えるスマホにとっての脅威と言えるのは、パソコンと同様に「ウイルス」の存在だ。現在ではその手の悪意あるプログラムを総称して「マルウェア」と呼称するが、主な感染経路もパソコンと大差はない。特に多いのは不用意なアプリのインストール。アプリに関してはキャリアの運営する「ストア」経由の物であれば信頼もできるが、アプリのバージョンアップによって動かなくなったり、前の方が使いやすかったというパターンから旧バージョンを探すという事もある。そのような非公式ルートを用いると、感染リスクが非常に高くなる。端末を業務用として用いるのであれば、MDM管理によって使用するアプリを管理するのも管理者の務めであり、多様化の進む端末事情を鑑みると、アプリも常に最新の物だけ確保すれば良いとも言えず、場合によっては旧バージョンの保守も現場からのニーズによっては必要となる。mdmはセキュリティに必須です

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>