業務用に用いる端末と言えど、全てが全て「スマホ」とは限らない。場合によってはスマホよりも大型のタブレットが業務上「効率的」であるケースも少なくはない。例えば、ファミリーレストランなどで注文を取りに来る。以前であれば専用の端末を用いている事が多かったが、近年では一般のタブレットを用いる事も多い。専用の端末を常に「最新」の状態に保つには専用の装置にセットして情報の更新を手動で行う必要もあり、更新し忘れたりしていると、客の持っているメニューと従業員の持つ端末で差異が生まれる事にもなる。一方で一般的な端末に専用ソフトを入れて擬似的に専用端末として運用する場合は端末にも標準で通信機能が搭載されており、MDM管理下であれば全台一斉に最新の情報に更新する事も可能だ。また専用の端末は比較的高価であったり、故障の際の交換にも時間がかかるが、汎用端末であれば最悪その日の内に「中古」端末を買ってきてソフトさえ入れればスグに使えるというフットワークの軽さが魅力だといえる。小売などで使用する「発注用」のシステムもこのような「端末」+「ソフト」という組み合わせで概ね代用可能となっている。mdmのアプリ配信について

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>