どうやったら今以上の営業成果を挙げて売り上げの向上を見込めるのか。これは全ての企業において究極の目的ですよね。ただ、多様化という今。顧客の嗜好があまりにも広がりすぎていて、それらにすべてマッチングするような商品やサービスってそうはありません。そのため、それぞれの顧客に合った製品、サービスが必要になってきているんです。そのためには、顧客を知り、顧客に最適なものを提供し満足してもらうこと。顧客が第一、つまりお客様は神様です^^的なことではないでしょうか。

このお客様は神様ですって、すっごい昔のフレーズですよね。きっと若い人なんて聞いたことないかと^^しかしそんな昔の忘れ去られている言葉が、実は現代でも最も大切な言葉になっているんですね。商売ってそうなのかも。常に顧客のことを考えて物事を進めていけば、それが結果的に売上向上につながる、ということなのでしょう。

そのために、顧客情報管理ができるCRMが注目され、導入を進めている企業が増えているんですね。

KnowledgeSuite

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>