よくSFAの導入に際してアドバイスされていることは、専門の人員を配置すること。と言うことは、SFAがどれだけ専門知識と経験が必要なのか、ということがよくわかりますよね。

日本で作られた日本人のためのSFAというものもあり、機能の最小限に絞って画面は見やすくグループウェアとの連携もスムーズにできますよ!といったツールもサービスされているようですが、確かに初歩的な機能だったらこれでも大丈夫かもしれません。しかし、SFAの導入って費用もかかるもの。エクセルレベルのデータ蓄積をしても意味がありませんよね。SFAならではの機能を使いこなせなければ。。

そのため、試用期間を設けたツールで2、3ヶ月はテスト運用してみたり、社員を研修に出してしっかりと運用方法、そしてノウハウを覚え込んでもらうこと、これらが大事となるんですね。SFAをサービスしている会社でもフォロー体制がしっかり整っているので、と謳っていることもありますが、やはり社内に専門知識がある人が居るのと居ないのとでは全然違うようです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>