最近多くの企業でその有効性が現実となっている営業支援システム。とくにSFAを使うことで営業案件の進捗状況がリアルタイムで経営者の元にも入ってくるので、導入を進める企業が増加中なんだそうです。

なぜリアルタイムで営業案件の進み具合がわかると良いのか。。それは一言で言うと営業の途中での修正ができる、ということ。以前の営業であれば、一人の営業マンが案件の最初から最後までを仕切って行っていました。そのため、もし途中で何かしらの不具合が起きていても気づかなければそのまま営業は終了。結果的に商談は成立しなかった、というケースもよくありました。

このような勿体無い営業を無くせるのがSFAなんですね。リアルタイムで、しかも簡単に営業途中の進み具合が確認できるため、もし修正すべきことがあればすぐに方針を建て直し、戦略を変えることが可能となります。そうすれば、以前はダメだった商談も成功に導ける可能性が高まると言うわけなんですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>