1995年あたりに米国からやってきたSFA(営業支援システム)ですが、そもそも勘や経験からの営業方法から科学的な根拠に基づいた営業に改善するという目的から生まれました。SFAつまり「Sales Force Automation」という言葉を見てもそれは明らかでしょう。そんなSFAは、既存顧客や見込み顧客、営業活動に関する情報を記録&管理する事が出来ます。また過去の商談履歴や現在進行している案件の進捗状況、営業活動で得られた重要な企業情報、アポイントメントといった様々な情報を社内で共有することも可能です。そういった情報を一元管理することで、業務の効率化をアップさせることもできますよね。しかしSFAをこれから導入しようとしている企業の中には「どのSFAを導入すれば良いか分からない」といった声も多いそう。SFAを選ぶポイントは、「誰でも簡単に入力が出来るシステムであること」「リアルタイムに情報を共有できるシステムであること」「マルチデバイス対応であること」「外出先でも入力しやすいUIであること」などが挙げられます。業務効率が上がれば、営業マンも時間のゆとりができるし、生産性が上がれば管理者も経営者も満足するでしょう。誰も損をしない…SFAとはそうゆうシステムなのです。GEOCRM

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>