昭和までの日本の営業スタイルは常に歩いて稼ぐこと。まるで刑事ドラマの刑事のようですが^^自分の足で歩いて新しい営業先を開拓したり、すでに顧客である会社にも挨拶周りをしたりと、根性と体力がすべてを握っていたような時代だったそうです。このようなやり方で、日本の営業は成立していたんですね。ある意味良い時代だったのかもしれません。

しかしながら、今は景気低迷、人手不足、そして営業先となる企業も少なくなっているため、市場競争が熾烈になってしまっているとのこと。先の足で歩いて稼ぐことは、この時代には合わなくなってしまっているんですね。企業には営業革新が求められているんです。

このような状況で次々と企業が導入しているのが、営業支援ツールと呼ばれるSFAやCRMなんですね。社内にいなくてもスマホやタブレットを持っていれば日報の管理、情報の共有、管理者からの指示も的確に受けることもできます。営業もその時代に合ったものが必要なんですね~。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>