今月の下旬に発売されるというコヴィアのBREEZ X5。Windows 10の機能を搭載していることで、法人向けのスマートフォンとしての市場を狙っているようですね。

それに、プロビジョニングとMDMといった大幅な業務改善とモバイル管理も容易く行うことができるようです。

Windows 10を搭載していることでプロビジョニングパッケージを簡単に作ることができる。これによって、「組織内の複数のデバイスの構成に必要な時間を大幅に削減できます。」とのことです。

また、MDMは「複数の端末をリモートで一元管理できるサービスです。」ということ。会社の情報管理は大変重要な部分ですが、MDMの機能が付くことでこの需要な部分をサポートしてくれるというわけです。

この2つ以外にもスピーディーなWi-Fi接続やBluetooth接続など、モバイルルーターの代わりにも利用できるので、BREEZ X5は単なるスマホと侮ってはいけないスマホなんですね~。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>