以前から著作権について騒がれていましたが、オンラインストレージやYoutubeなどの動画サイトなどが登場してから更に取り締まりが厳しくなりましたよね。オンラインストレージMegauploadも閉鎖に追い込まれたほど。それらサービスに音楽や映画をアップすると著作権を侵害することになり、たとえ刑事罰は免れたとしても民事民事訴訟が待っており数十万円から数百万円の損害賠償金の支払い命令が出たというケースも過去にはあったそう。簡単に今の法を説明するとこんな感じになります。「TVやradioなどを勝手に録画・録音・撮影して公開したら駄目」「他人の著作物をコピーして勝手に公開したり売ったりしたら駄目」「公開したら違法だと分かっているものはダウンロードしたら駄目」今思えば一昔前までテレビの録画は普通で、映画などのビデオもビデオデッキが2台あればダビングなんて簡単にできてましたよね。そんなアナログ時代からITの時代になったわけですが、便利というよりも窮屈になったような気がします。ただ違法ファイルのダウンロードも違法なわけなんですが、そもそもダウンロードして身元がバレるということはあるのでしょうか?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>