お年玉付き年賀状と当選番号を照らし合わせてみるのって意外と面倒臭くないですか?お年玉賞品の引き換え期限が7月半ばまでなので、ついつい後回しにしちゃって気が付いた時には期限が過ぎてしまっていた…なんてことは私もよくあります。それを解決できたのがコレ!スマートフォンでスキャンした書類をデータ化できるScannableです。ちなみにデータ化したものはオンラインストレージ『Evernote』に保存されます。年賀状をScannableを使ってデータ化しておくだけで、Evernoteでお年玉当選番号を検索することが可能になるというわけです。年賀状を一枚一枚確認していく必要がないのでかなり楽ちんですよ。年賀状を整理するのにも役立つますが、Evernoteの画像内文字検索機能の日本語の認識力はまだ弱い為に長い住所や名前は検索に引っかからないこともあります。一部分で引っかかるようにするなどの工夫が必要かもしれません。しかし英数字である年賀状お年玉当選番号を検索するのには持ってこいです。面倒臭がりな人はぜひ活用してみてはどうでしょうか。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>