アメリカの会社からカーナビ情報をフロントガラスに映写する無線端末「Head Up Display」が発売されるようです。これはスマートフォンと無線接続してカーナビ情報を映写する無線端末。米Garminが提供するカーナビアプリ「Garmin StreetPilot Onboard」または「NAVIGON」をインストールしたスマートフォンと連携することで、現在の車速や制限速度、目的地への到着予想時間などの情報をフロントガラスに映写できます。たとえば、次の曲がり角までの距離など、道案内情報をフロントガラスに写すことができるそう。日本にあるサービスだと、パイオニアのサイバーナビに似ているのかな。価格は129.99ドル。日本円で1万3千円ほどですね。サイバーナビの方は少なくとも数万円するようですからこちらのほうが安いのかも。ただ、日本での発売は未定です。発売されたらおすすめですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>