BYODに関する記事を読んでいると、まだまだ日本でのBYODの導入率は低く、企業も足踏み状態でいるところ、導入のために何が必要なのかがわかっていないところ、様々あるようです。そこで、この記事では、BYODを活用するための指針が簡単に紹介されていました。それには、利用しようと考えているデバイスをよく調べることや、破損した場合のデータ紛失に関する可能性の明文化、可能であればデータの暗号化と定期的にまデータの保護、企業データを破壊することなく業務において効率的に活用できるアプリの利用、BYODに関する勉強会などを設けること、などが書かれていました。どうしてもBYODのようにスマートデバイスを持ち運びする際、自分以外の不正アクセス、データの紛失、業務の効率などが問題となりますよね。MDMのようなセキュリティの導入も必要でしょう。これら、まだ多くの課題が日本にはあるため、専門家は数年以内にBYODが当たり前となっていくと言っていますが、実情はどうなのでしょうかね?!
関連記事 【特別企画】スマートフォンの業務利用には必須! 活用例で見る「MDM」の利便性とは | エンタープライズ | マイナビニュース

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>