ヤフーが、地図要素を取り入れたiPhone向けの写真投稿アプリ「チズカメラ」の提供を開始しました。このアプリは、写真撮影後に写真を選択すると、写真に関連する場所の地図が表示されます。端末で写真を撮る、あるいはカメラロールから選ぶと、写真に関連する場所の地図が表示され、地図のデザインやレイアウトをカスタマイズしながら画像を作成できる。組み合わせられる地図はスタンダード/雨雲レーダー地図/地形図/ミッドナイトの4種類で、撮影地点を示すアイコンは19種類から選ぶ。写真と地図のレイアウトは4種類から選択可能だ。作成した画像はアプリ内ほか、TwitterやFacebookに投稿することができるとのことです。デザインがおしゃれな感じなので、ついつい使いたくなってしまうかも。試しに、使ってみてもよいですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>