スマートフォンを語る上で、他のモバイル機器の動向を見ることも大切です。例えば、スマートフォンを支えるOSについて見ると、iPhoneのiOSと、アンドロイドがあります。これらはスマートフォンに加えて、タブレット端末でもOSとして搭載されています。実際、タブレット端末はスマートフォンを大きくしたものと考えてもいほど、似たところが多いです。スマートフォンは現在、性能や液晶画面の大きさで、タブレットに近づいています。一方タブレットも、よりコンパクトに、無駄のない形に収まりつつあります。この先両者が統合されることはあるでしょうか。スマートフォンはこれ以上大きくなると、もはやポケットサイズから外れ、本来の目的を果たせなくなりそうです。一方タブレット端末も、ある程度小さくなったところでストップするでしょう。後は性能面を強化し、モバイルコンピューターとして中心的存在になるのでしょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>