Monthly Archives: 10月 2012

電子書籍で割引セールというのを見て思うのですが、そもそも、本が紙だけの頃は、書籍類は滅多に安くならなかったものですよね。
古本は別として、本屋さんは基本的には定価、人気なくても定価で販売。
値引きしてまで売るとかではなく、見込みの薄いものはとりあえず少なめに刷って、ダメなら廃版になるだけ。
それが電子書籍という文化が加わったことで、90%引きとか、無料にしないだけで十分タダ同然にまでなっている。
勿論、なんでもかんでもそうなるっていうのではなく、記念だとかキャンペーンだとかで銘打ってのことなんですけどね。
いずれにしても、本を書く方たちにとっても相当な意識改革となるだろう電子書籍という文明。
これからは価格だけではなく、表現の仕方も電子化されていくだろうから、今まで本から受けていた影響も変わってくるのでしょう。

電子書籍で割引セールというのを見て思うのですが、そもそも、本が紙だけの頃は、書籍類は滅多に安くならなかったものですよね。
古本は別として、本屋さんは基本的には定価、人気なくても定価で販売。
値引きしてまで売るとかではなく、見込みの薄いものはとりあえず少なめに刷って、ダメなら廃版になるだけ。
それが電子書籍という文化が加わったことで、90%引きとか、無料にしないだけで十分タダ同然にまでなっている。
勿論、なんでもかんでもそうなるっていうのではなく、記念だとかキャンペーンだとかで銘打ってのことなんですけどね。
いずれにしても、本を書く方たちにとっても相当な意識改革となるだろう電子書籍という文明。
これからは価格だけではなく、表現の仕方も電子化されていくだろうから、今まで本から受けていた影響も変わってくるのでしょう。

電子書籍で割引セールというのを見て思うのですが、そもそも、本が紙だけの頃は、書籍類は滅多に安くならなかったものですよね。
古本は別として、本屋さんは基本的には定価、人気なくても定価で販売。
値引きしてまで売るとかではなく、見込みの薄いものはとりあえず少なめに刷って、ダメなら廃版になるだけ。
それが電子書籍という文化が加わったことで、90%引きとか、無料にしないだけで十分タダ同然にまでなっている。
勿論、なんでもかんでもそうなるっていうのではなく、記念だとかキャンペーンだとかで銘打ってのことなんですけどね。
いずれにしても、本を書く方たちにとっても相当な意識改革となるだろう電子書籍という文明。
これからは価格だけではなく、表現の仕方も電子化されていくだろうから、今まで本から受けていた影響も変わってくるのでしょう。

電子書籍で割引セールというのを見て思うのですが、そもそも、本が紙だけの頃は、書籍類は滅多に安くならなかったものですよね。
古本は別として、本屋さんは基本的には定価、人気なくても定価で販売。
値引きしてまで売るとかではなく、見込みの薄いものはとりあえず少なめに刷って、ダメなら廃版になるだけ。
それが電子書籍という文化が加わったことで、90%引きとか、無料にしないだけで十分タダ同然にまでなっている。
勿論、なんでもかんでもそうなるっていうのではなく、記念だとかキャンペーンだとかで銘打ってのことなんですけどね。
いずれにしても、本を書く方たちにとっても相当な意識改革となるだろう電子書籍という文明。
これからは価格だけではなく、表現の仕方も電子化されていくだろうから、今まで本から受けていた影響も変わってくるのでしょう。

「カーナビ」に関する調査結果を見た。
比較の対象は、スマホとタブレットと、従来のカーナビ。
結果としては、カーナビアプリを使うよりも、プリインストールされている地図や、従来のカーナビを使う方が多いというものだった。
付け加えて欲しい機能として、地図、カーナビ機能にグルメ情報も欲しいなど、知らない土地で使う便利さを求める内容が多い。
SNSとの連動とあるが、確かにこれらが機能として搭載されれば、相当に便利だろう。
私も旅行などで出掛けた際に、その地域のグルメサイトで美味しそうなお店を探したりする。
地元の方達ならではの情報こそが、その旅の充足感を変えてくれるポイントになっている。
数年前まではガイドブック片手に必死に探していた情報が、今は広告としてではなく、同じ利用者としての生々しい意見として得られるので、一番信頼できる情報源だ。
それがカーナビ、地図と連動していて、すぐに得られる状況になってくれたら、操作の面倒臭さもなくなり、より楽しい旅、快適な時間を手にできそうだ。
カーナビアプリがこの機能を取り入れれば、この調査結果もまた変わるだろう。

「カーナビ」に関する調査結果を見た。
比較の対象は、スマホとタブレットと、従来のカーナビ。
結果としては、カーナビアプリを使うよりも、プリインストールされている地図や、従来のカーナビを使う方が多いというものだった。
付け加えて欲しい機能として、地図、カーナビ機能にグルメ情報も欲しいなど、知らない土地で使う便利さを求める内容が多い。
SNSとの連動とあるが、確かにこれらが機能として搭載されれば、相当に便利だろう。
私も旅行などで出掛けた際に、その地域のグルメサイトで美味しそうなお店を探したりする。
地元の方達ならではの情報こそが、その旅の充足感を変えてくれるポイントになっている。
数年前まではガイドブック片手に必死に探していた情報が、今は広告としてではなく、同じ利用者としての生々しい意見として得られるので、一番信頼できる情報源だ。
それがカーナビ、地図と連動していて、すぐに得られる状況になってくれたら、操作の面倒臭さもなくなり、より楽しい旅、快適な時間を手にできそうだ。
カーナビアプリがこの機能を取り入れれば、この調査結果もまた変わるだろう。

「カーナビ」に関する調査結果を見た。
比較の対象は、スマホとタブレットと、従来のカーナビ。
結果としては、カーナビアプリを使うよりも、プリインストールされている地図や、従来のカーナビを使う方が多いというものだった。
付け加えて欲しい機能として、地図、カーナビ機能にグルメ情報も欲しいなど、知らない土地で使う便利さを求める内容が多い。
SNSとの連動とあるが、確かにこれらが機能として搭載されれば、相当に便利だろう。
私も旅行などで出掛けた際に、その地域のグルメサイトで美味しそうなお店を探したりする。
地元の方達ならではの情報こそが、その旅の充足感を変えてくれるポイントになっている。
数年前まではガイドブック片手に必死に探していた情報が、今は広告としてではなく、同じ利用者としての生々しい意見として得られるので、一番信頼できる情報源だ。
それがカーナビ、地図と連動していて、すぐに得られる状況になってくれたら、操作の面倒臭さもなくなり、より楽しい旅、快適な時間を手にできそうだ。
カーナビアプリがこの機能を取り入れれば、この調査結果もまた変わるだろう。

「カーナビ」に関する調査結果を見た。
比較の対象は、スマホとタブレットと、従来のカーナビ。
結果としては、カーナビアプリを使うよりも、プリインストールされている地図や、従来のカーナビを使う方が多いというものだった。
付け加えて欲しい機能として、地図、カーナビ機能にグルメ情報も欲しいなど、知らない土地で使う便利さを求める内容が多い。
SNSとの連動とあるが、確かにこれらが機能として搭載されれば、相当に便利だろう。
私も旅行などで出掛けた際に、その地域のグルメサイトで美味しそうなお店を探したりする。
地元の方達ならではの情報こそが、その旅の充足感を変えてくれるポイントになっている。
数年前まではガイドブック片手に必死に探していた情報が、今は広告としてではなく、同じ利用者としての生々しい意見として得られるので、一番信頼できる情報源だ。
それがカーナビ、地図と連動していて、すぐに得られる状況になってくれたら、操作の面倒臭さもなくなり、より楽しい旅、快適な時間を手にできそうだ。
カーナビアプリがこの機能を取り入れれば、この調査結果もまた変わるだろう。

まぁ皆さんもお気づきでしょうが携帯電話の頃と比べてスマートフォンが軌道に乗ってきてからというもの、国産のスマホの人気がないですよね。たまに持っている人を見たら「ショップに在庫がなかったから仕方なくそれにした」とか「発熱して暑くなりすぎて使い物にならない」などとあまり良い噂を耳にしません。私の周辺でもアップルやサムスンなどが人気でたまにソニーのエクスペリアを見かけたりするくらいです。本当にどうしたんだ日本勢!という感じです。そしてさらに国内の携帯電話メーカーのスマホの出荷自体が遅れてしまっているそうで、なにやらそのわけは部品メーカーがアップル、サムスンへの供給を優先させているとのことで、日本勢に対する部品供給が後回しになっているようですよ。導体チップ不足というのは結構な問題でさらに苦境に陥ってしまう原因ともなっているようでとても残念です。

まぁ皆さんもお気づきでしょうが携帯電話の頃と比べてスマートフォンが軌道に乗ってきてからというもの、国産のスマホの人気がないですよね。たまに持っている人を見たら「ショップに在庫がなかったから仕方なくそれにした」とか「発熱して暑くなりすぎて使い物にならない」などとあまり良い噂を耳にしません。私の周辺でもアップルやサムスンなどが人気でたまにソニーのエクスペリアを見かけたりするくらいです。本当にどうしたんだ日本勢!という感じです。そしてさらに国内の携帯電話メーカーのスマホの出荷自体が遅れてしまっているそうで、なにやらそのわけは部品メーカーがアップル、サムスンへの供給を優先させているとのことで、日本勢に対する部品供給が後回しになっているようですよ。導体チップ不足というのは結構な問題でさらに苦境に陥ってしまう原因ともなっているようでとても残念です。