Mdmには使用制限やセキュリティ対策など様々な機能が充実しています。その中の1つとしてタブレットなどの各スマートデバイス端末の活用状況、使用状況を把握することもできるのです。例えばスマートデバイス端末の中にどのようなアプリがダウンロードされているのか?不正な改造はされていないのか?タブレットはどのように利用されているのか?などを把握する機能もあるのです。このような活用状況を把握できるmdmの機能をうまく活用することによって決められたルール内で生徒たちがタブレット端末を使用して、自ら考えて行動できる環境を整えていくのです。失敗できない環境をつくるのではなく、失敗をしたとしてもそれが学びにつながるような環境を生徒に与えていくことがタブレットICTを用いた教育になっていくのです。使用制限をかけていなくてもどのように活用しているのか?を管理者側で把握できている場合、不正使用をしていた場合にはそれを指導していくという教育方針もあります。Apple Device Enrollment Programについて

Mdm にはセキュリティ機能、資産管理機能の他、各種設定やアプリケーションなどを遠隔配信して、活用環境の整備、運用の効率化を実現してくれる配備管理機能も備わっています。
例えば環境設定機能であれば、管理デバイスのパスワード、パスコードの強度、再利用ルールなど、パスワードポリシーとして管理デバイスに一括適用できるパスワードポリシー設定機能や、業務や学習で利用することが多いwebページなどブックマーク/webクリップとして管理デバイスに一括適用できるブックマーク設定機能などがあります。またオフィスでのWi-Fi接続するための設定をスマートデバイス端末に配信、適用できるWi-Fi設定、利便性・安全性の高いプライベートネットワークの設定をスマートデバイス端末に配信、適用できるPN設定、メールの設定をスマートデバイス端末に配信・適用できるメール設定などの機能があります。そのほか、ブックマーク設定、グローバルHTTPプロキシ設定などの機能を持つmdm製品もあります。MDM(Mobile Device Management)とは?

スマートフォンやタブレット端末を企業導入する場合、mdmツールでの管理は情報漏えい対策に欠かせません。Mdmツールの中には情報漏えい対策には欠かせないエンドポイントのセキュリティを一元管理する機能があります。Mdmツールを利用して管理することで、企業で管理しているエンドポイントのセキュリティ状態を可視化して、管理者の日々の運用工数を削減することができるのです。
ウィザードで簡単に初期設定できるmdmであれば、ウィザードに沿って設定を進めるだけで必要なポリシー設定が簡単に完了され、展開準備が整います。また対処が必要なスマートデバイス端末を自動でレポート化することで、管理工数のセキュリティ対策を実現し、自動診断による運用工数の削減にもつながります。
その他、社内のネットワークだけではなく、外出先、海外などを拠点に利用環境を問わず管理できるmdmであれば非常に使い勝手はよいでしょう。いつどこにいても管理対象全てにポリシー適用やセキュリティ対策を行うことができます。Ascent Networks MoDeM

mdmツールはオプションで多彩な機能を付けることができる製品が多いです。例えば人気があるのはウイルスの脅威からスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を守るオプション機能です。
スマートフォンにも標準整備されているウイルス対策用のアプリケーションというものはあるのですが、それだけでは実現できないウイルス対策機能を提供できるmdmもあります。管理コンソールからマカフィー機能の遠隔設定が可能なものもあります。
ウイルス対策としてはインストール状態・動作状況、パターンファイルのチェックや緊急パターンファイルの更新指示、緊急スキャン指示、スケジュールスキャン指示などがあります。
また感染状況やパターンファイルバージョンやスキャンの日時をログで確認することができるmdm機能もあります。ウイルスの脅威からスマートデバイス内にある大切な情報を守ってくれる機能がmdmにはあるのです。
全てのmdmにその機能があるわけではありませんが、情報漏えいの危険はスマートデバイス端末の紛失・盗難だけが原因ではありません。ウイルスによって情報が外部に漏れてしまうこともあるので注意が必要http://ascentnet.co.jp/mdm-modem/

企業でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入すると不正サイトへのアクセスが懸念されます。業務以外の使用が多くなると業務効率のアップどことか、業務効率低下につながる恐れもありますので、不正サイトへのアクセス制御などの管理が必要です。
Mdmツールで管理をおこなえば、不正サイトへのアクセスを制御する機能がついていますし、アプリケーション利用の制限といった機能もあり、ウイルスプログラムのインストールの防止や業務には関係のないアプリケーションを無効化することもできるでしょう。
不正サイトへのアクセス防止の機能があるだけで、業務以外の使用が制限されますので、企業としても安心してスマートデバイスを使った業務を行っていくことができるでしょう。
Mdmツールがなければ、すべてのスマートデバイスを一斉管理することなどは不可能ですので、企業でスマートデバイスを導入する場合にはmdm導入が必須となるでしょう。MDM modem

Mdmツールでスマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスを一元管理することによって、モバイルデバイス内に入っている個人情報や社内の機密情報などが外へ漏れ出てくれるのを防いでくれます。しかしmdmはいつなんどきも万能なセキュリティ機能があるわけではないのです。
例えば遠隔操作によってモバイルデバイス端末のリモートロック、リモートワイプ、機能制限などをしようとしても、この操作ができるのはモバイルデバイス端末がネットワークに接続できる環境にある場合に限られます。
端末の所有者が意図的に電源を切ったり、電話が届かないエリアにモバイルデバイス端末を持ち込んでしまったりすることで、その間はmdmの機能は操作することが全くできなくなり、セキュリティシステムも発動しません。そのような場合mdmでの管理が意味をなさなくなってしまうので、これらの対策のために画面ロックを解除するパスワードの入力を指定回数間違えてしまった時にはデータを自動的に消去する機能など別個ついています。
MDMサービスのMoDeMについてみてみましょう!

スマートフォンやタブレット端末を管理する時に必要になってくるのがmdmツールです。Mdmはモバイルデバイスを一元管理できるツールであり、様々な機能がついています。
例えば遠隔ロックでは端末ロックまでの時間を長く設定していた場合に有効になります。例えば1時間以上操作しなければ自動ロックという設定になっていたモバイルデバイスを紛失してしまった場合、1時間以内はすべての人が使える状態になっているため、遠隔ロックをmdmによって設定して、端末を回収することで情報漏えいを未然に防ぐことができるのです。
またパスワード初期化はパスワードを忘れてしまったユーザーに対応できるmdm機能の1つです。ユーザーが端末の解除パスワード忘れてしまった時には、モバイルデバイスの管理者に連絡をすることでパスワードをリセット、再設定の指示を出すことができるのです。
パスワードをクリアしても端末あらかじめパスワード必須ポリシーが設定されている時には再度パスワード設定するように誘導されます。
mdmとは

スマホは小さなパソコンと呼べるまでに高い性能を有する汎用デバイスだ。オフィスにパソコンがある風景が必然となったように、ビジネスマンの手にスマホが握られているのも最早見慣れた光景になりつつある。そんな小型のパソコンとも言えるスマホにとっての脅威と言えるのは、パソコンと同様に「ウイルス」の存在だ。現在ではその手の悪意あるプログラムを総称して「マルウェア」と呼称するが、主な感染経路もパソコンと大差はない。特に多いのは不用意なアプリのインストール。アプリに関してはキャリアの運営する「ストア」経由の物であれば信頼もできるが、アプリのバージョンアップによって動かなくなったり、前の方が使いやすかったというパターンから旧バージョンを探すという事もある。そのような非公式ルートを用いると、感染リスクが非常に高くなる。端末を業務用として用いるのであれば、MDM管理によって使用するアプリを管理するのも管理者の務めであり、多様化の進む端末事情を鑑みると、アプリも常に最新の物だけ確保すれば良いとも言えず、場合によっては旧バージョンの保守も現場からのニーズによっては必要となる。mdmはセキュリティに必須です

学校などの教育機関でタブレット端末などのモバイルデバイスを利用した授業を行う場合、国語であっても算数であっても、どの科目でもアプリケーションは欠かせないツールとなります。アプリケーションを導入して、そのアプリケーションを使って授業を進めていくというのが一般的な流れになるでしょう。さらに無線LANを使ってネットワークにつなぎ、教師が問題集をタブレット端末に配布したり、児童生徒がタブレット端末に書き込んだ成果をみんなで共有して、議論をしたり理解を深めたりすることも、タブレット端末を使う授業だからこそできるのです。ただ授業で使用するアプリケーションのインストールやWi-Fiの設定などは初期の状態で行われていないため1台ずつ行わなければなりません。これらの設定をすべて教員が行うというのは現実的に無理な話であり、その時に必要となってくるのがmdmなのです。Mdmはパソコンに近いスマートフォンやタブレット端末を情報セキュリティという立場から管理、運用することができるソフトウェアのことであり、たくさんの管理機能が付いています。mdmって教育にも参入してきてます。

Mdmはタブレットやスマホなどのモバイルデバイス端末を管理するサービスでありネットワークを経由して管理を行っています。それぞれmdmサービスを提供するメーカーによって機能の特徴などは異なりますが、多くのmdmではマルチキャリア、マルチOSに対応しています。ドコモ、au、ソフトバンク、Eモバイル、Yモバイル、ウィルコム、ビッグローブなどのiOS、androidに対応しており、異なる通信キャリアの端末でも一括管理が可能になっています。さらにタブレットにおいてはWi-Fi版のタブレットでも対応することができます。さらにmdmには多彩な機能があります。例えば詳細なポリシー設定ができるmdmもあれば、多重トリガーでの指示が可能なmdmもあります。mdmメーカーは国内外たくさんありますが、国産システムであれば、対応機種も多く、早期に新機種に対応してくれるケースが多いのでおすすめです。また緊急事態が発生した時には(休日や夜間の紛失など)365日24時間電話でロック作業などに対応してくれるmdmも多いです。MDMとは – 国産MDM -MoDeM